エリオット波動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エリオット波動(えりおっとはどう)とは、R・N・エリオットRalph Nelson Elliottが確立した、株式投資についてのテクニカル理論。

市場平均の推移を表すもので、個別銘柄には必ずしも当てはまらない。

概要[編集]

この理論によると、1つの相場には「上昇5波動」と「下降3波動」が存在する。

エリオット波動をグラフにしたもの
実際には小刻みに値段が変動するものの、上昇局面では5波動・下降局面では3波動で値動きが推移している。

上昇局面では、以下のような「5つの波動」を描く。

「上昇第1波」→ 「調整」 → 「上昇第2波」→ 「調整」 →「上昇第3波」

下降局面では、以下のような「3つの波動」を描く。

「下降第1波」 → 「戻し」 → 「下降第2波」

つまり、上昇時にはジワジワと「底上げ」しながら上げていく事が多く、下降時には一気に下落して、一度は反発する…という事である。

これらの波動については、「上昇5波動のうち第3波動が最短になることは無い」という理論がある。従って、第3波動が最も短くなる波動の捉え方は、そもそも波動の捉え方自体に誤りがあると解釈されることとなる。

また、上昇第5波の最高値は通常上昇第3波よりも高くなるが、時折第5波の最高値が第3波の最高値を超えられずに下回る場合がある。これをフェイラーと呼び、相場の転換点となる可能性が高い波形であるとされている。

この他に、トレンドの勢いが強い場合は上昇5波または下降3波を超えて波動が描かれることがあり、これをエクステンションと呼ぶ。

波動の規模[編集]

  • グランドスーパーサイクル … 100年以上
  • スーパーサイクル … 50年
  • サイクル … 10年
  • プライマリー … 3~5年
  • インターミディエット … 30週~50週
  • マイナー … 10週
  • ミニュット … 3~5週

関連項目[編集]