エリオットレイク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エリオット・レイク
Elliot Lake.JPG
(写真:エリオット・レイク市街)
オンタリオ州内の位置
オンタリオ州内の位置
座標:北緯46度38分 西経82度65分
基礎データ
Flag of Canada.svg カナダ
Flag of Ontario.svg オンタリオ州
行政区 アルゴマ地区
都市名 エリオットレイク
英語名 City of Elliot Lake
創設日 1955年
面積 698.12 km²
標高 海抜 331 m
人口 2001年[1]
 - 市域 11,956 人
 - 人口密度 17.1 人/km²
時間帯 東部標準時(EST)、UTC-5
夏時間 東部夏時間(EDT)、UTC-4
市外局番 +1-705
公式サイト

エリオット・レイク: Elliot Lake)は、カナダオンタリオ州北東部、ヒューロン湖の北、アルゴマ地区に位置する人口1万1,956人の都市(2001年統計)。サドバリースーセントマリーのちょうど中間に位置する。

歴史[編集]

同エリアで1953年に大きなウラニウム鉱脈が発見されたことで、1955年に鉱山の街として計画的に建設された。都市の名は街に面してある小さな湖の名から来ている。地質学者であるフランク・ジュバン(Franc Joubin)とアメリカの投資家ジョセフ・ハーシュホーン(Joseph Hirshhorn)が街の創設に大きな役割を担った。主な鉱山会社はデニソン鉱山(Denison Mines)とリオ・アルゴム(Rio Algom)である。

資源の価格が流動的であるため、街は幾度となく大きな景気の波を経験している。1960年代には人口がピークに達し、2万6,000人まで膨らんだ。1990年代に、鉱山の生産は底をつき、資源の価格低下にもさらされ、ついに廃坑となった。

近年は、生き残りのために代替となるあらゆる施策を模索しており、セカンドライフや観光地先として誘致することに力を入れている。

交通[編集]

街の中心から南東へ7.4kmほどのところにある。現在、定期便は運航されていない。
街から30kmほど南を東西に走るハイウェイ17号線(Highway 17)とつながっている。

観光[編集]

  • エリオットレイクの鉱山と核博物館(Elliot Lake Mining and Nuclear Museum)[1]

アウトドアが豊富にでき、魚釣りを始め、スキーやゴルフコースなどもあり、秋の季節には丘の上から見事な紅葉を見ることが出来る。

脚注[編集]

外部リンク[編集]