エライジン化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エライジン化[1]:Elaidinisation)とは、二重結合の方向がシス型からトランス型に変化する化学反応のことを言う。エライジン化は、脂肪油脂で不飽和度を減少させることなく融点と保存期間の両方を高めるためにしばしば用いられている。エライジン化で生成される典型的な生成物はトランス型不飽和脂肪酸である。

語源[編集]

この語源は、オレイン酸のトランス異性体であるエライジン酸から来ている。

反応[編集]

植物性脂肪の一般的な成分であるオレイン酸のエライジン化は、オレイン酸のトランス異性体であるエライジン酸を生成する。

オレイン酸 エライジン酸
オレイン酸は、シス型の不飽和脂肪酸であり、天然の植物性脂肪の一般的な成分である。融点16.3°C。 エライジン酸は、トランス型の不飽和脂肪酸であり、植物性脂肪の部分的な水素添加やエライジン化によって生成される。融点43-45℃。
Oleic-acid-3D-vdW.png
Elaidic-acid-3D-vdW.png
Oleic-acid-skeletal.svg
Elaidic-acid-2D-skeletal.png
この脂肪酸は、同一の化学式で二重結合の方向のみが異なる幾何異性体である。

脚注[編集]

  1. ^ http://www.customs.go.jp/kaisei/tsutatsu/H18tsutatsu/H18tsutatsu1475-1476/reiki03.pdf (PDF)

関連項目[編集]