エミリオ・グレコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エミリオ・グレコ
生誕 1913年10月11日
イタリアの旗 イタリアカターニア
死没 1995年4月5日(81歳)
イタリアの旗 イタリアローマ
国籍 イタリアの旗 イタリア
著名な実績 彫刻家画家
代表作 ピノッキオ

エミリオ・グレコ(Emilio Greco、1913年10月11日 - 1995年4月5日)は、イタリア彫刻家画家ペリクレ・ファッツィーニと並んで、イタリアの現代具象彫刻を代表する作家として知られる[1]

略歴[編集]

「夏の思い出」(仙台市定禅寺通り

カターニアに生まれた[2]。13歳の頃から石工のもとに弟子入りしたが、そののちにパレルモの美術学校へ通った[2]。1943年には作品を展覧会に出品していたが、第二次世界大戦が終わるまでは十分な創作活動をすることが出来なかった[2]。終戦後の1946年には初の個展を開催、1948年にはローマの美術中等学校のティーチングアシスタントとして勤務した[2]

1968年にローマ・アカデミア美術学校教授に就任。

グレコの作品は日本でも親しまれており[3]、1971年には日本で大規模な回顧展が開かれた他、1974年には箱根 彫刻の森美術館にグレコ・ガーデンが開設され[2]、グレコの作品を展示している。その他、岡山短期大学有馬グランドホテル銕橋長崎県)など各地にグレコの作品が展示されている。また新谷琇紀[4]緒方良信などグレコに師事した日本人もいる。

1991年にはエミリオ・グレコ美術館イタリア語版がイタリアのオルヴィエートに開館し、60点の絵画作品と32点の彫刻作品を収蔵、公開している[5]。また1994年には、生地カターニアにも別のエミリオ・グレコ美術館イタリア語版が開館した。

1995年、ローマで死去[2]

主な作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 座右宝刊行会編『世界の美術25 現代の美術』(1964年、河出書房)p.42
  2. ^ a b c d e f Emilio Greco in www.britannica.com
  3. ^ 『文部時報』第1148-1159号(1973年)
  4. ^ 『中央公論』第 9-10 号(1977年、中央公論社)
  5. ^ Darwin Porter,Danforth Prince (2011) "Frommer's Italy 2012" p.366

関連項目[編集]