エマヌエル・ゴルトベルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エマヌエル・ゴルトベルクEmanuel Grigorijevitch Goldberg1881年8月31日 - 1970年9月13日)は、ロシア出身のドイツ科学者光学技術者である。

イカ社長の時、社長業務をこなしながらも関わったカメラ、キナモの開発でパーフォレーションにより駆動される35mmフィルムの特性に惹かれてその可能性を早くから評価、従前のカメラ観に囚われていた者が多かったツァイス・イコンの中で周囲を説得して35mmカメラの先駆となったコンタックス開発を押し進めた。竹田正一郎は「バルナックが売り込む相手が、メンゲルではなくてその後任のゴルトベルグ教授だったら、ライカはこの時点で成立し、バルナックはイカの社員になり、イカのツァイス・イコンへの合流とともに移籍して、ツァイス・イコンで働いていただろう」と評している。

略歴[編集]

参考文献[編集]