エマニュエル・デュ・マルゲリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エマニュエル・デュ・マルゲリー(Emmanuel Marie Pierre Martin Jacquin de Margerie、1862年11月11日 - 1953年12月20日)はフランスの地質学者、地球物理学者である。フランスの地形特にピレネー山系のテクトニクス理論で知られる。

パリで生まれた。ストラスブール大学の教授を務めた。1913年にアラスカを訪れ、グレーシャー・ベイの34kmのマルゲリー氷河は彼の名前が付けられた。

受賞歴[編集]

著書[編集]

  • "Traité de Géologie"
  • "Geographic Physique"
  • "Etudes Americaines Geologie et Geographie Tome 1"