エポワス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エポワス Époisses
Epoisses.jpg
基本情報
分類 ウォッシュタイプ
原料 牛乳(全乳)
原産国 フランス
原産地 ブルゴーニュ地域圏コート=ドール県ヨンヌ県シャンパーニュ=アルデンヌ地域圏オート=マルヌ県
生産場所 フェルミエ、酪農場
生産期間 夏~冬
形状 円盤状
大きさ φ9.5-19cm、h3-4.5cm
重量 250-1100g
乾燥成分 40%以上
脂肪分 乾燥成分の50%以上
表皮 オレンジ色、湿潤
菌種 Brevibacterium linens
熟成 上記の原産地で4週間以上
呼称統制 AOC "Époisses"
1991年5月14日取得
テンプレートを表示

エポワス(Époisses de Bourgogne)とはウォッシュチーズの代表格である。熟成中は丹念に塩水とマールブドウの搾りかすから蒸留したブルゴーニュ地方地酒)で洗うことで独特の香りと旨みを凝縮させる。フランスのブルゴーニュ地方の同名の村産。エポワスの中身は穏やかな風味であるが、表皮は個性的で強い芳香を持つ。[1]

この芳香はフランスでは「神様の御御足」の香り、イギリスでは「豚の足の指の間」のそれであると表現される[要出典]

16世紀初頭にシトー会の修道僧が開発したという伝説がある[2]ジャン・アンテルム・ブリア=サヴァランはこのチーズを指して「チーズの王」と評した[3]

参考文献[編集]

  1. ^ 文藝春秋/編『チーズ図鑑』(文藝春秋社、1993) ISBN 4-16-348130-3
  2. ^ 日仏料理協会編 『フランス 食の事典(普及版)』 株式会社白水社2007年、80頁。ISBN 978-4-560-09202-6 
  3. ^ 本間るみ子、主婦の友社編、 『チーズの選び方 楽しみ方』 株式会社主婦の友社、2012年、49頁。ISBN 978-4-07-285215-6