エポロス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エポロス古代ギリシア語: Έφορος英語: Ephorus紀元前400年 - 紀元前330年)は古代ギリシャ歴史家で、小アジアアイオリスの主要都市キュメ英語版古代ギリシア語: Κύμη、Kymi,KymeまたはCyme)の出身。

生涯[編集]

キオスのテオポンポスと共に弁論家イソクラテスの弟子だった。イソクラテスの指示によって歴史家を志した。神話時代を避け、神聖戦争からのヘラクレイダイの帰還英語版Ἡρακλεῖδαι)以降からペリントス攻囲戦英語版Πέρινθος紀元前340年)までの出来事を記した。ギリシャ人とそれ以外の民族共通の歴史、つまり最初に世界史を記したということで知られる。 現在その著作は失われ、シケリアのディオドロスの『歴史叢書英語版』などに引用されたものから伺うだけである。

外部リンク[編集]