エボシダイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エボシダイ
Nomeus gronovii (Man-of-war fish).gif
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
: スズキ目 Perciformes
: エボシダイ科 Nomeidae
: エボシダイ属 Nomeus
: エボシダイ N. gronovii
学名
Nomeus gronovii
(Gmelin, 1788)
和名
エボシダイ
英名
Man-of-war fish


エボシダイ (烏帽子鯛、Nomeus gronovii )は硬骨魚綱スズキ目エボシダイ科に属する海水魚。エボシダイ属はエボシダイのみで一属一種である。大西洋東部と地中海を除く世界中の温帯と熱帯の海に分布する。体長25cm。

生態[編集]

稚魚から幼魚期にはカツオノエボシ等のクラゲ類と共生することが知られているが、エボシダイがクラゲの体の一部を食べたり、逆にクラゲがエボシダイを食べることがあるため、この共生関係が互いにとってどのような利益があるのかは不明である。エボシダイがカツオノエボシの触手の間を住みかとすることができるのは、カツオノエボシの刺胞の毒に耐性があるためである。

成魚になるとクラゲ類のいる表層から離れ、水深200~1000mの底層に移る。

外部リンク[編集]