エプーリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヒトにできたエプーリスの組織像

エプーリス (epulis) とは、歯肉靱帯より生じた歯肉腫瘤。語源は、ギリシャ語で「歯肉のできもの」という意味。

歯学分野[編集]

欧米諸国ではエプーリスは、先天性エプーリスをさすが、日本では肉芽組織性のものなど一般的に用いられる。原因としては、歯列不正や不適合補綴物による持続的な局所刺激が多い。線維性エプーリス、巨細胞性エプーリスの二つに大きく分類でき、日本では前者、欧米では後者の頻度が高い。

獣医学分野[編集]

線維腫性エプーリス、骨化性エプーリス、棘細胞性エプーリスに分類される。犬の口腔内腫瘍の30%を占めるが、他の動物種での発生は比較的稀である。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 『明解獣医学辞典』 獣医学大辞典編集委員会編集 チクサン出版 1991年 ISBN 4885006104
  • 『WHO歯原性腫瘍の組織学的分類』 I.R.H. Kramer、M. Shear、J.J. Pindborg、日本口腔病理学会1999年など