エプロンドレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドレスの上に白のpinaforeを着た少女(ca. 1910年)
不思議の国のアリスの挿絵より。
アリス(中央)が水色のエプロンドレスを身に着けている

エプロンドレス(apron dress)とは、女性用の衣服のひとつ。ワンピースドレスの一部としてエプロンを取り入れたもの。pinafore/ˈpɪnəfɔər/、ピナフォア)、pinny/ˈpɪni/ピニ, イギリス英語の口語)とも。関連用語にpinafore dress(イギリス英語)、jumper dress(アメリカ英語)がある。

エプロンは本来一時的に既存の衣服の上に重ねる作業服であるが、これをスカートの一部、もしくは飾りとして扱っている。 エプロン部分は通常のエプロンと同じく取り外せるものとそうでないものがある。あくまで衣服の一部であるため、本来のエプロンに求められる防汚などの機能は重視されない。

エプロンドレスは、汚れてもエプロン部分のみにとどまることを活かして子供服に取り入れられることがある。児童文学不思議の国のアリス」の挿絵に描かれた主人公アリスの衣装は、エプロンドレスの典型的な代表例の一つと言える。

現代の日本においては調理や家事、作業などにあたる女性の制服コスチュームとして普及している。メイド服がその一例である。またロリータ・ファッションにもしばしば取り入れられる。

ロシア[編集]

ロシアの子供用トラディショナルドレス

ロシアでは伝統的な子供服として着用されており、ソビエト時代に小中学生の学校制服として広く使用されていたが、1990年代に入るとソビエト解体に伴い制服から外されるようになった。しかし、現代でも伝統的な子供の正装として入学式や卒業式などで着用される姿が見られる。

関連項目[編集]