エフェクター (生化学)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エフェクター: effector)とは、タンパク質に選択的に結合してその生理活性を制御する小分子である。エフェクター分子は、酵素活性、遺伝子発現細胞シグナル伝達等を増減させるリガンドとして働く。また、エフェクター分子は、いくつかのmRNA分子(リボスイッチ)を直接制御する。

特に細胞シグナルの伝達カスケード等、タンパク質がエフェクター分子の機能を果たす場合もある。

Effectorという用語は、生物学の別の分野でも用いられることがある。例えば、ニューロンのeffector endは、樹状突起筋肉や器官と繋がる方の端を表す。

エフェクターの例[編集]

アロステリックエフェクター (Allosteric effector) は、その活性を変化させるために、転写に関わる制御タンパク質に結合することができる[1]。このようにして、アクチベータータンパク質はDNAに結合できるようになり、リプレッサーを不活性化し、RNAポリメラーゼがDNAに結合できるようにする。

バクテリアルエフェクター (Bacterial effectors) は、細菌細胞から宿主の細胞に注入される病原体である。注入は、III型分泌装置等の特殊な分泌装置によって行われる[2]

エフェクターのタイプ[編集]

出典[編集]

  1. ^ Introduction to genetic analysis (10. ed. ed.). New York, NY: Freeman. pp. 410–411. ISBN 1-4292-7634-7. 
  2. ^ Cambronne, E. D.; Roy, C. R. (2006). “Recognition and Delivery of Effector Proteins into Eukaryotic Cells by Bacterial Secretion Systems”. Traffic 7 (8): 929–939. doi:10.1111/j.1600-0854.2006.00446.x. PMID 16734660.  編集