エノールエーテル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エノールエーテル基の構造

エノールエーテル(Enol ether)は、アルコキシ基が付加したアルケンである。一般式は、R_1R_2C=CR_3-O-R_4であり、ここでRは、アルキル基またはアリル基である。エノールエーテルとエナミンは、酸素原子二重結合電子を供出し、オキソニウムイオン共鳴構造を取るため、いわゆる活性アルキンである。この性質により、ディールス・アルダー反応等の有機化学反応の反応基質となる。エノールエーテルは、エノールに対応するエーテルと考えることができるため、この名前で呼ばれる。メチルビニルエーテル2,3-ジヒドロフランが簡単な例である。