エノン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エノンの基本構造
最も簡単なエノン、メチルビニルケトン

エノン (enone) は、アルケンケトン共役系を構成する不飽和化合物または官能基のことである。最も単純なエノンは、メチルビニルケトン (MVK) である。

例えば、カルコンのようなエノンはクネーフェナーゲル縮合で合成することができる。メイヤー・シュッター転位では、反応の出発物質はプロパルギルアルコールである。

エノンは、ナザロフ環化Rauhut-Currier反応(二量化)の反応基質として使われる。

エノンはケテン (R2C=C=O) とは異なる化合物である。エナミンはエノンの窒素類縁体で、カルボニル基アミンに置換されている。

関連項目[編集]