エノケンの近藤勇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エノケンの近藤勇
監督 山本嘉次郎
脚本 ピエル・ブリヤント
P.C.L.文芸部
原作 ピエル・ブリヤント
P.C.L.文芸部
出演者 榎本健一
二村定一
中村是好
音楽 伊藤昇
撮影 唐沢弘光
編集 岩下広一
公開 1935年10月11日
上映時間 81分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

エノケンの近藤勇』(エノケンのこんどういさみ)は1935年日本で制作されたコメディ映画ピー・シー・エル映画製作所製作。坂本龍馬の寺田屋での遭難や、龍馬と中岡慎太郎の暗殺、新撰組隊士加納と雛菊の恋、池田屋事件などをミュージカルの手法で描いている。近藤勇が高下駄を履くと強くなるというギャグが印象的である。

ストーリー[編集]

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

関連項目[編集]