エネルギー (お笑いコンビ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エネルギーは日本のお笑いコンビ。ネタは主にコント。所属事務所浅井企画

2006年に南原清隆主催の「現代狂言」に参加。以来狂言に開眼し、現在は平子が狂言師を演じるコントがメインの持ちネタとなっている。

メンバー[編集]

東京実業高校卒業。庄司智春品川庄司)は同校の2年後輩にあたる。特技はレスリングであり、都大会50k級で優勝、関東大会で4位、全国大会で6位、ハワイ大会で3位という成績を持つ。高校時代はプロレスラーを目指していた。プロレスラーの稲葉雅人は1年後輩にあたる。またプロレス観戦が趣味で、都内を中心にさまざまな団体に足を運んでいる。
着ているTシャツのセンスが一般人の常識とは違っており、TBSラジオの「コサキンDEワァオ!」では先輩であるコサキンの二人にネタにされ、さらには番組の企画で変なTシャツを集めた「森Tコンテスト」が行われた。本人は変だと思っていないので「森T=変なシャツ」と定義されたことには納得が行かない様子である。また関根勤座長によるカンコンキンシアターで、Tシャツ姿で登場する森に関根が「そのシャツいくらするんだ」「○万○千円です」と会話を交わすのが恒例となっている。
落ちこみやすい性格で、落ちこむと目黒川のほとりで缶ビールを空けることが多かった。
東洋大学法学部法律学科卒業。特技はケーキ作り。また宅地建物取引主任者の資格を持つ。「ホスト顔」と言われる。
2006年に南原主催の現代狂言に参画した折、初体験にも関わらず立ち振る舞い・発声に思わぬ才能を発揮し、野村万蔵に、「経験者だろう」と疑われた。映画「クレーマー」(2008年)で刑事役を演じた。

出演番組[編集]

外部リンク[編集]