エネルギー鉱物開発省 (ウガンダ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウガンダの旗 ウガンダの行政官庁
エネルギー鉱物開発省
Ministry of Energy and Mineral Developmen
役職
大臣 ヒラリー・オネク
概要
所在地 ウガンダの旗 ウガンダカンパラ、P.O. Box 7270、Amber House
ウェブサイト
http://www.energyandminerals.go.ug
テンプレートを表示

エネルギー鉱物開発省: Ministry of Energy and Mineral Development)は、ウガンダの中央官庁のひとつ。本庁は首都カンパラにある。エネルギー、天然資源、発電などの分野を管轄とする。社会経済開発を目的とするエネルギーおよび鉱物資源の合理的かつ持続可能な開発、利用を任務に掲げている。[1]

概要[編集]

エネルギー鉱物開発省は、エネルギー政策鉱業に対する投資水力発電火力発電太陽エネルギーおよび原子力発電など新しい電源開発基盤の確立などを政策課題としている。また、2011年稼動予定のブジャガリ発電所(250MW)と2015年稼動予定のカルマ発電所(750MW)の2つの大型電力開発を計画している。[2]一方でウガンダ国内の原子力発電所の維持については、設備の維持が困難であり、課題となっている。[3]現在のエネルギー鉱物開発相は、ヒラリー・オネクHilary Onek)。

組織および活動[編集]

エネルギー鉱物開発省には、内部部局として以下の5つの主要部局がある。:

  • エネルギー資源局(Department of Energy Resources)
  • 地質調査鉱山局(Department of Geological Survey and Mines)
  • 石油開発製造局(Department of Petroleum Exploration and Production)
  • 石油供給局(Department of Petroleum Supplies)
  • 支援サービス局(Department of Support Services)
    • 行政管理(Administration)
    • 会計(Accounting)
    • 人的資源(Human Resources)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Mandate of Ministry of Energy & Minerals
  2. ^ Bujagali and Karuma Projects On Schedule
  3. ^ Uganda Explores Nuclear Option

外部リンク[編集]