エド・マクベイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エヴァン・ハンターとして

エド・マクベインEd McBain1926年10月15日 - 2005年7月6日)は、アメリカの推理小説作家。

エヴァン・ハンター(Evan Hunter)など別ペンネームが多数ある。代表作に「87分署シリーズ」「ホープ弁護士シリーズ」がある。

1986年にアメリカ探偵作家クラブ・巨匠賞、1998年に英国推理作家協会ダイヤモンド・ダガー賞を受賞している。

概要[編集]

ニューヨークのイースト・ハーレムに、イタリア系アメリカ人として生まれる。生まれたときの名前はサルヴァトーレ・ロンビーノ(Salvatore Lombino)だった。

若い頃はジャズ・ミュージシャンにもあこがれたが、やがて画家を志し、奨学金を得て1943年に美術系の学校クーパー・ユニオン英語版に進学する。だが、自身の才能のなさに気がつき、1944年に海軍に入隊する。太平洋戦争終結後は、日本にも滞在した。兵役の間に読書に目覚め、自身でも小説を書いて雑誌に投稿し始める。

1946年、ハンター・カレッジ英語版・ブロンクス校に入学し、創作を学ぶ。1950年に卒業し、9月にブロンクス職業訓練校の教師となったが、12月に退職する。作家のエージェント会社で働きながら、リチャード・マーステン、カート・キャノン、ハント・コリンズ、エズラ・ハウン等のペンネームでパルプ雑誌に短編を発表する。

1953年にエージェント会社から独立する。1954年に、職業訓練校時代の経験をもとに、エヴァン・ハンター名義で『暴力教室』を発表する。この作品は翌年には映画化もされ、一躍人気作家になった。アメリカ社会ではイタリア系は差別されている時代であり、この際に本名も「エヴァン・ハンター」に変えた(なお、マクベイン本人には「イタリア系」という意識はほとんどないという)。

1951年、エド・マクベイン名義で「87分署シリーズ」の第1作『警官嫌い』を発表する。ニューヨークをモデルとしたアイソラという架空の街を舞台に、主役のスティーヴ・キャレラ刑事以外にも多くの警察関係者たちが登場して活躍する物語で、「警察小説」というジャンルの始祖となる。以降の、小説やテレビドラマ、映画などに大きな影響を与えた。

なお、当初は「マクベイン=ハンター」であることを隠しており、マクベイン名義の著書の「著者写真」は、その顔をはっきり映さないものであった。

第10作『キングの身代金』は黒澤明監督によって映画化され、『天国と地獄』となった。『クレアが死んでいる』は市川崑監督の『幸福』の原作である。マクベインは生涯、「87分署シリーズ」を書き続け、第56作『最後の旋律』(2004年)が遺作となった。

2005年7月6日喉頭ガンのため死亡した。

その他の作品に、カート・キャノン名義で発表した、同名の酔いどれ探偵が登場するシリーズ2冊、童話・童謡をモチーフとし、家庭内の悲劇に対面する弁護士を描く「ホープ弁護士シリーズ」13冊などがある。

なお、1958年にはクレイグ・ライスの未完の長編『エイプリル・ロビン殺人事件』に補筆して完成させている。

また、エヴァン・ハンター名義では、映画化された作品『逢う時はいつも他人』『去年の夏』等があり、アルフレッド・ヒッチコック監督の映画『』の脚本も担当している。

エピソード[編集]

  • 共和党政権嫌いで知られ、1992年にはジョージ・H・W・ブッシュ大統領が暗殺される小説『みどりの刺青』をジョン・アボット名義で刊行した。
  • イギリスのミステリー作家ケン・ブルーウンには、「87分署シリーズ」を愛読する凶暴な刑事が登場する「ブラント刑事シリーズ」がある(日本語訳は未刊)。

日本語訳された作品[編集]

マクベイン名義[編集]

  • エイプリル・ロビン殺人事件 (クレイグ・ライス共著 森郁夫訳 早川書房 1959年)
  • 警官嫌い (井上一夫訳 早川書房 1959年 のち文庫)
  • 通り魔 (田中小実昌訳 早川書房 1960年 のち文庫)
  • 被害者の顔 (加島祥造訳 早川書房 1960年 のち文庫)
  • ハートの刺青 高橋泰邦訳 早川書房 1960年 のち文庫)
  • 麻薬密売人 中田耕治訳 早川書房 1960年 のち文庫)
  • レディ・キラー (田中小実昌訳 早川書房 1960年 のち文庫)
  • 死が二人を (加島祥造訳 早川書房 1960年 のち文庫)
  • 大いなる手がかり (加島祥造訳 早川書房 1960年 のち文庫)
  • 殺しの報酬 (井上一夫訳 早川書房 1960年 のち文庫)
  • キングの身代金 (井上一夫訳 早川書房 1960年 のち文庫)
  • 殺意の楔 (井上一夫訳 早川書房 1960年 のち文庫)
  • 死にざまを見ろ (加島祥造訳 早川書房 1961年 のち文庫)
  • 電話魔 (高橋泰邦訳 早川書房 1962年 のち文庫)
  • クレアが死んでいる (加島祥造訳 早川書房 1962年 のち文庫)
  • 空白の時 (井上一夫訳 早川書房 1962年 のち文庫)
  • 10プラス1 (久良岐基一訳 早川書房 1963年 のち文庫)
  • たとえば、愛 (井上一夫訳 早川書房 1963年 のち文庫)
  • 斧 (高橋泰邦訳 早川書房 1964年 のち文庫)
  • 灰色のためらい (高橋泰邦訳 早川書房 1965年 のち文庫)
  • 人形とキャレラ (宇野輝雄訳 早川書房 1966年 のち文庫)
  • カリブの監視 (久良岐基一訳 早川書房 1967年)
  • 八千万の眼 (久良岐基一訳 早川書房 1967年 のち文庫)
  • 警官 (井上一夫訳 早川書房 1968年 のち文庫)
  • ショットガン (井上一夫訳 早川書房 1970年 のち文庫)
  • はめ絵 (井上一夫訳 早川書房 1971年 のち文庫)
  • 夜と昼 (井上一夫訳 早川書房 1973年 のち文庫)
  • サディーが死んだとき (井上一夫訳 早川書房 1974年 のち文庫)
  • 死んだ耳の男 (井上一夫訳 早川書房 1975年 のち文庫)
  • われらがボス (井上一夫訳 ハヤカワ文庫 1976年)
  • 命ある限り (河合裕訳 徳間書店 1977年)
  • 魔の拳銃 (河合裕訳 徳間書店 1977年)
  • 糧 (井上一夫訳 早川書房 1977年 のち文庫)
  • 殺意の盲点 (松岡和訳 徳間書店 1978年)
  • 血の絆 (井上一夫訳 早川書房 1978年 のち文庫)
  • 命果てるまで (久良岐基一訳 ハヤカワ文庫 1979年)
  • 煙の立つところ (井上一夫訳 早川書房 1979年)
  • 拳銃 (久良岐基一訳 早川文庫 1980年)
  • 街はおれのもの (尾坂力訳 早川書房 1980年)
  • 金髪女 (峰常生訳 早川書房 1980年 のち文庫(谷田貝常夫訳))
  • 死者の夢 (井上一夫訳 早川文庫 1980年)
  • カリプソ (井上一夫訳 早川書房 1981年 のち文庫)
  • 幽霊 (井上一夫訳 早川書房 1982年 のち文庫)
  • 熱波 (井上一夫訳 早川書房 1983年 のち文庫)
  • 黄金を紡ぐ女 (石田善彦訳 早川書房 1983年 のち文庫)
  • 美女と野獣 (石田善彦訳 早川書房 1984年 のち文庫)
  • 凍った街 (井上一夫訳 早川書房 1985年 のち文庫)
  • ジャックと豆の木 (喜多元子訳 早川書房 1986年 のち文庫)
  • チャイナタウン特捜隊 (井上一夫訳 サンケイ文庫 1986年)
  • 稲妻 (井上一夫訳 早川書房 1986年 のち文庫)
  • 白雪と赤バラ (長野きよみ訳 早川書房 1987年 「白雪と赤いバラ」文庫)
  • 八頭の黒馬 (井上一夫訳 早川書房 1987年 のち文庫)
  • シンデレラ (長野きよみ訳 早川書房 1988年 のち文庫)
  • 毒薬 (井上一夫訳 早川書房 1988年 のち文庫)
  • 長靴をはいた猫 (松下祥子訳 早川書房 1989年 のち文庫)
  • 魔術 (井上一夫訳 早川書房 1989年 のち文庫)
  • ジャックが建てた家 (長野きよみ訳 早川書房 1990年 のち文庫)
  • ダウンタウン (羽田詩津子訳 早川書房 1990年 のち文庫)
  • ララバイ (井上一夫訳 早川書房 1990年 のち文庫)
  • 三匹のねずみ (長野きよみ訳 早川書房 1992年)
  • 87分署インタビュー (直井明著 六興出版 1992年)
  • 晩課 (井上一夫訳 早川書房 1992年 のち文庫)
  • 寡婦 (井上一夫訳 早川書房 1993年 のち文庫)
  • キス (井上一夫訳 早川書房 1994年 のち文庫)
  • 盗聴された情事 (田村隆一訳 新潮文庫 1995年)
  • 悪戯 (井上一夫訳 早川書房 1996年 のち文庫)
  • メアリー、メアリー (長野きよみ訳 早川書房 1996年)
  • ロマンス (井上一夫訳 早川書房 1998年 のち文庫)
  • 小さな娘がいた (長野きよみ訳 早川書房 1998年)
  • ビッグ・バッド・シティ (山本博訳 早川書房 2000年 のち文庫)
  • ノクターン (井上一夫訳 早川書房 2000年 のち文庫)
  • ラスト・ダンス (山本博訳 早川書房 2000年 のち文庫)
  • 最後の希望 (長野きよみ訳 早川書房 2000年)
  • 寄り目のテディベア (長野きよみ訳 早川書房 2000年)
  • 湖畔に消えた婚約者 (塩川優訳 扶桑社 (扶桑社ミステリー) 2001年)
  • ドライビング・レッスン (永井淳訳 ソニー・マガジンズ (ヴィレッジブックス) 2002年)
  • 逃げる (羽地和世訳 早川書房 2002年)
  • マネー、マネー、マネー (山本博訳 早川書房 2002年)
  • でぶのオリーの原稿 (山本博訳 早川書房 2003年)
  • 歌姫 (山本博訳 早川書房 2004年12月)
  • 耳を傾けよ! (山本博訳 早川書房 2005年10月)
  • 最後の旋律 (山本博訳 早川書房 2006年5月)

エヴァン・ハンター名義[編集]

  • 暴力教室 (伊藤清訳 雄鶏社 1955年/井上一夫訳 ハヤカワ文庫)
  • ジャングル・キッド (都筑道夫・井上一夫訳 早川書房 1960年)
  • 若い野獣たち (井上一夫訳 早川書房 1961年)
  • 空とぶタイム・マシン (内田庶訳 偕成社 (世界のこどもエスエフ) 1969年)
  • 去年の夏 (井上一夫訳 角川文庫 1970年)
  • ハナの差 (森崎潤一郎訳 早川書房 1972年 のち文庫)
  • 悪党どもとナニー (森崎潤一郎訳 早川書房 1977年)
  • 黄金の街 (木村二郎訳 早川書房 1979年)
  • 冬が来れば (井上一夫訳 早川書房 1979年)
  • 大人ってなに考えてるのかな (落合恵子訳 三笠書房 1980年3月)
  • ペーパー・ドラゴン (志摩隆訳 早川書房 1980年)
  • 逢う時はいつも他人 (安達昭雄訳 角川文庫 1984年)
  • 秘匿特権 (小林宏明訳 講談社文庫 1998年)
  • キャンディーランド (山本博訳 早川書房 2001年)
  • 犬嫌い (嵯峨静江ほか訳 早川書房 2002年)

その他[編集]

  • 酔いどれ探偵街を行く (カート・キャノン 都筑道夫訳 早川書房 1963年 のち文庫)
  • よみがえる拳銃 (カート・キャノン 三田村裕訳 ハヤカワ・ミステリ文庫 1981年2月)
  • ビッグ・マン (リチャード・マーステン 中田耕治訳 創元推理文庫 1960年)
  • 恐竜の世界 (マーステン 福島正実訳 銀河書房 1956年「恐竜1億年」と改題)
  • 果てしなき明日 (ハント・コリンズ 中桐雅夫訳 早川書房 1959年)

参考文献[編集]

  • 直井明編『エド・マクベイン読本』早川書房
  • 直井明『本棚のスフィンクス』論創社

外部リンク[編集]