エドヴァルト・リッツ=シミグウィ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エドヴァルト・リッツ

エドヴァルト・リッツ=シミグウィEdward Rydz エドヴァルト・リッツ、Edward Śmigły-RydzまたはEdward Rydz-Śmigły1886年3月11日 - 1941年12月2日ワルシャワ没)はポーランド軍人画家詩人ナチス・ドイツソ連によるポーランド侵攻のときポーランド元帥

生涯[編集]

オーストリア=ハンガリー帝国領ブジェジャニen近郊ワプシン(現ウクライナ領)出身。家系はドイツ系ポーランド人。Rydzはドイツ系の姓Ritz(「リヒャルトの息子」の意味)より。父トマシュは旧オーストリア=ハンガリー帝国陸軍下士官。本来のリッツのみであるが、もとはあだ名であった「シミグウィ」(ポーランド語で「素早い」の意味)をつけて、リッツ=シミグウィと改姓した。

ギムナジウム卒業後、クラクフヤギェウォ大学に入学。哲学および美術史を専攻。クラクフ美術学校(現ヤン・マテイコ美術アカデミー)に進学し、ウィーン、ミュンヘンに留学。

ウィーン遊学中の1910年頃、予備士官としてテレジア士官学校に入学し、歩兵第4連隊にて訓練を受ける。少尉任官後の1912年、ポーランド人準軍事組織「猟兵連合(Związek Strzelecki)」の設立に関わる。同年、美術アカデミーを卒業。早くもその美術的才能が注目され、彼の将来は約束されているかのように思われた。

しかし1914年、第一次世界大戦が勃発。8月、リッツも応召され、ユゼフ・ピウスツキ率いるポーランド第1旅団の所属としてヴィスワ川周辺にてロシア軍と交戦を繰り返す。戦闘を交わす中でみるみるうちに出世し、1916年、大佐に昇進。しかし戦火のなかでも絵に対する情熱は忘れておらず、画廊に自身の絵を出展している。

1917年、ピウスツキが自身の部隊をドイツ・オーストリア軍の一部となることを拒否したため、部隊は強制解散、ピウスツキら指揮官はマルデブルク監獄に投獄された。

幸いにも、この時健康上の問題から投獄を免れたリッツは、ピウスツキの意志を継ぎ、ポーランド軍の創設に携わる。1918年10月、ポーランド共和国臨時委員会戦争大臣に就任。

1919年、ポーランド・ソビエト戦争に参加し、各地を転戦。ヴィリニュスおよびダウガフピルスを占領した。その後、ラトビア軍最高指揮官に就任し、ソ連軍からラトガレを奪還。続いて、赤軍第12師団を壊滅させ、キエフをも手中に収めた。ワルシャワの戦い英語版では中央軍を指揮し、ワルシャワを死守。のち攻勢に転じ、第4軍および第15軍、ハイク・ベジシカン英語版率いる第3騎兵軍団の退路を封じ、「ヴィスワの奇跡」と言わしめた。

戦後、リッツはヴィリニュス方面軍、のちワルシャワ中央軍にて監察総監の地位に就いた。

1926年、ピウスツキがクーデター(五月革命英語版)を起こすと、リッツは反乱軍に加わり、政権掌握に貢献した。この功績から、1929年に東部方面軍総監の地位に任ぜられた。1935年5月13日、ピウスツキの死去とともにポーランド軍監察総監に就任。

ドイツのポーランド侵攻後、地下組織とひそかに連絡を取り合っていたが、心不全により急死。享年55。

参考文献[編集]

  • Cepnik, Kazimierz Wódz Naczelny i Marszałek Polski Edward Śmigły-Rydz, Życie i Czyny, Lwów, 1937.
  • Eckert,Marian. Historia polityczna Polski lat 1918–1939. Warszawa, 1989.
  • Jabłonowski, Marek,i Stawecki, Piotr. Następca komendanta. Edward Śmigły-Rydz. Materiały do biografii. Pułtusk,1998
  • Jędruszczak,Hanna, and Tadeusz Jędruszczak. Ostatnie lata Drugiej Rzeczypospolitej (1935–1939), Warszawa, 1970.
  • Kaden-Bandrowski,Juliusz. Piłsudczycy, (The Piłsudskiites), Oświęcim, 1916;
  • Mirowicz, Ryszard. Edward Rydz-Śmigły: działalność wojskowa i polityczna, Warszawa, 1988.
  • Pepłoński,Andrzej Wywiad a dyplomacja II Rzeczypospolitej, Toruń, 2004.
  • Piłsudski,Józef. Pisma zbiorowe, Warszawa: 1937.
  • Seidner, Stanley S., "The Camp of National Unity: An Experiment in Domestic Consolidation," The Polish Review vol. xx, nos. 2–3, 1975, pp. 231–236.
  • Seidner,Stanley S., "Reflections from Rumania and Beyond: Marshal Śmigły-Rydz Rydz in Exile," The Polish Review vol. xxii, no. 2, 1977, pp. 29–51.
  • Seidner, Stanley S. Marshal Edward Śmigły-Rydz Rydz and the Defense of Poland, New York, 1978.
  • Serwatka, Tomasz. "Edward Rydz-Śmigły," Gazeta:Historia mało znana,(January) 2007,[1]
  • Stachiewicz, Wacław. Wierności dochować żołnierskiej, Warsaw, 1998.
  • Zaremba, Paweł. Historia Dwudziestolecia 1918–1939, (A History of the Twenty Years, 1918–1939), 2 vols., Paris, 1967.