エドワード・ワズワース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1916年当時
Painting of Dazzle-ships in Drydock at Liverpool』ダズル迷彩の艦船(1919年)

エドワード・アレクサンダー・ワズワース(Edward Alexander Wadsworth, 1899年10月29日 - 1949年6月21日)は、イギリス画家

イギリス・グレッグヒートンに生まれ、ロンドンに没する。

はじめエンジニアリングを学ぶも、絵画に転向。

キュビスムから影響を受ける。

1910年代には、ヴォーティシズムのメンバーとして活躍。が、必ずしも中心メンバーではなかった。

1920年代、30年代には、シュルレアリスムに向かった。ワズワースのシュルレアリスム作品は、ピエール・ロワ風の、単純にものを組み合わせた風景の中に、奇妙な感興を滑り込ませるものである。ただ、フランスのシュルレアリスムとは異なり、海を舞台とする作品も多く、「海のシュルレアリスム」と呼ばれる作品がある。これは第一次大戦中に2,000以上の軍艦の迷彩を指導したこと関連があると思われる(詳細はダズル迷彩を参照)。

日本の書籍で見られるワズワースの作品[編集]

  • 沖合い(1935年、テンペラ、パネル、89cm x 64cm、ブリストル美術館)
    • 「海のシュルレアリスム」と呼べる作品
    • 世界の美術、アンドリュー・グレアム=ディクソン(総編集)、河出書房新社、2009年、451ページ(カラー図版)
  • 明朝(1929-44年、板にテンペラ、76.2cm x 64cm、個人蔵)
    • 「海(辺)のシュルレアリスム」と呼べる作品
    • 出典:20世紀の美術家500(原著はPhaidon社刊)、美術出版社、2000年、480ページ(カラー図版)

外部リンク[編集]