エドワード・マウンダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Edward Walter Maunder

エドワード・マウンダー(Edward Walter Maunder、モーンダーとも、1851年4月12日 - 1928年3月21日)は、イギリスの天文学者である。太陽黒点の研究で知られ、1645年から1715年までの黒点出現頻度の少なかった期間(マウンダー極小期)のあったことを確立したことで知られる。聖書学者でもある。

ロンドンメソジストの役職者の家に生まれた。キングス・カレッジ・ロンドンに入学したが卒業はしなかった。ロンドン銀行に勤めた後1873年に王立天文台の分光助手を務め、太陽黒点の撮影と測定も行った。1904年に約11年周期で黒点の出現する緯度が変化することを蝶型図で示し発表した。天文台に残された黒点の観測資料を調べ1645年から1715年の間に太陽活動が低くなった時代が存在したことを提唱する論文を1894年と1922年に発表したが当時は注目されなかった。1970年代にパーカーによってマウンダーの研究が再発見され、この黒点の少ない時代はマウンダー極小期と呼ばれることになった。

火星を観測し、火星に運河があるという説には反対した。1890年に天文学に興味のある人々に門戸を開いた英国天文協会(British Astronomical Association)の設立を推進した。会誌の初代の編集長を務めた。

2度目の妻のアニー・マウンダー(Annie Scott Dill Maunder:旧姓 Russell:1868年 - 1947年)も王立天文学会に入会を認められた天文学者であり、夫と共同研究した。

火星と月のクレーターにマウンダーの名前がつけられている。