エドワード・ホール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エドワード・ホール(Edward Twitchell Hall, Jr.、1914年5月16日 - 2009年7月20日)は、アメリカ合衆国文化人類学者。日本では「E・T・ホール」と表記されることが多い。

略歴[編集]

デンバー大学で学位、コロンビア大学で博士号を取得する。第二次世界大戦後にミクロネシア文化の研究を行い、1946年から48年にデンバー大学人類学科の主任教授、1948年から1951年にベニントン大学教授をつとめる。その後、イリノイ工科大学教授、ノースウェスタン大学教授。社会学、言語学、動物行動学にも関心をもち、幅広い研究活動をおこなった。

世界の文化を「高コンテクスト(コンテキスト)」(英語)「低コンテクスト」で分類して、中国(当時)、日本、アラブ諸国、ギリシャ、スペインなど、コンテクスト依存が高く、ジャーマン・スイス(スイスのドイツ語圏)、ドイツ、スカンジナビア諸国、アメリカ、フランスが低いと論じた。

「近接学」(proxemics英語)を提唱し、対人距離を論じた。

時間についても「ポリクロニック」(polychronic(英語))「モノクロニック」な文化を分けた。

著書[編集]

  • The Silent Language (1959) 日本語訳『沈黙のことば』國弘正雄・長井善見・斎藤美津子共訳、南雲堂、1966年
  • The Hidden Dimension (1966) 日本語訳『かくれた次元』日高敏隆・佐藤信行共訳、みすず書房、1970年
  • The Fourth Dimension In Architecture: The Impact of Building on Behavior (1975, co-authored with Mildred Reed Hall)
  • Beyond Culture (1976) 日本語訳『文化を超えて』岩田慶治・谷泰共訳、阪急コミュニケーションズ、1993年
  • The Dance of Life: The Other Dimension of Time (1983)
  • Handbook for Proxemic Research
  • Hidden Differences: Doing Business with the Japanese
  •  An Anthropology of Everyday Life:  An Autobiography (1992, Doubleday, New York)
  • Understanding Cultural Differences - Germans, French and Americans (1993, Yarmouth, Maine)
  • West of the Thirties. Discoveries Among the Navajo and Hopi (1994, Doubleday, New York etc.)

参考文献[編集]

  • 『かくれた次元』著者略歴

外部リンク[編集]