エドワード・ホワイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エドワード・ヒギンズ・ホワイト2世
Edward Higgins White, II
NASA所属宇宙飛行士
現況 死亡
誕生 1930年11月14日
テキサス州サンアントニオ
死没 1967年1月27日(36歳)
フロリダ州ケープ・カナベラル
他の職業 テストパイロット
階級 アメリカ空軍中佐
宇宙滞在期間 4日1時間56分
選抜試験 1962年NASA選抜試験
ミッション ジェミニ4号
アポロ1号
記章 Gemini Four patch.jpgApollo 1 patch.png

エドワード・ヒギンズ・ホワイト2世(Edward Higgins White, II、1930年11月14日 - 1967年1月27日)はアメリカ空軍の将校で、アメリカ航空宇宙局宇宙飛行士である。180cm、80kg。1965年6月3日、彼はアメリカ人初の宇宙遊泳を行った。ホワイトは、アポロ1号の訓練中の事故で死亡し、死後に合衆国名誉宇宙飛行士勲章を授与された。それ以前にも、ジェミニ4号の飛行に対して、NASA宇宙飛行メダルを受章している。

伝記[編集]

ホワイトはテキサス州サンアントニオで生まれ、ボーイスカウトに入団した[1]。1952年には陸軍士官学校で学士号を取り[2]、1959年にミシガン大学航空工学の修士号を取得した。その後アメリカ空軍で中佐となり、F-86F-100のパイロットとなった。ホワイトは航空システム部門の試験パイロットとなり、3000時間以上の飛行をこなした。Patricia Finegan Whiteと結婚し、2人の子供Bonnie LynnとEdward IIIがいる。

NASAでのキャリア[編集]

ジェミニ4号でアメリカ人初の宇宙遊泳をするエドワード・ホワイト

彼は1962年に第2期の宇宙飛行士に選ばれた。ジェミニ4号のパイロットとして、彼は1965年6月3日にアメリカ人初の宇宙遊泳を行った。船外活動中、予備の耐熱グローブが宇宙船から外に出て行ってしまい、現在もスペースデブリとなっている。後にジェミニ7号でもバックアップを務めた。

ホワイトはアポロCMS飛行システムの専門家でもあった。ジェミニプログラムの通常の順番では、ホワイトはジェミニ10号のコマンドパイロットを務めるはずだったが、1966年に昇進し、アポロ1号のコマンドモジュールパイロットとなった。

[編集]

アポロ1号の乗組員

彼は、フロリダ州ケネディ宇宙センターでのアポロ1号の訓練中の火災に巻き込まれ、同僚のガス・グリソムロジャー・チャフィーとともに死亡した。彼はウェスト・ポイント墓地に埋葬され、1997年には合衆国名誉宇宙飛行士勲章を授与された。グリソムとチャフィーはアーリントン国立墓地に埋葬された。ホワイトは2009年7月に「航空の殿堂」入りした[3]

その他[編集]

出典[編集]

  1. ^ Astronauts and the BSA”. Fact sheet. Boy Scouts of America. 2006年3月20日閲覧。
  2. ^ Prior to establishment of the United States Air Force Academy in 1954, officers in the United States Air Force were drawn from the U.S. Military Academy at West Point and the U.S. Naval Academy at Annapolis.
  3. ^ Kaplan, Ron (2008年12月17日). “National Aviation Hall of Fame reveals names of “Class of 2009” inductees”. National Aviation Hall of Fame web site. National Aviation Hall of Fame. 2009年2月16日閲覧。
  4. ^ Ed White Middle School
  5. ^ City of Fullerton - List of Parks
  6. ^ Gemini Space Walk

外部リンク[編集]