エドワード・ベイリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エドワード・ベイリー
人物情報
生誕 1881年7月1日
イギリスの旗 イギリス ケント州
死没 1965年3月19日(満83歳没)
出身校 ケンブリッジ大学
学問
研究分野 地質学
研究機関 英国地質調査所グラスゴー大学
主な受賞歴 ロイヤル・メダル(1943年)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

エドワード・ベイリー(Sir Edward Battersby Bailey、1881年7月1日 - 1965年3月19日)はイギリス地質学者である。山岳の構造や火山活動の分野の権威である。

ケント州マースデン (Marsden) に生まれた。ケンブリッジ大学クレア・カレッジ (Clare College) で学んだ。学生時代はボクシングで活躍した。1902年から英国地質調査所で、フィールド・ジオロジストとして働いた。第一次世界大戦中は、王立砲兵連隊に従軍し、2度負傷し、戦功十字章などを受勲した。1929年から1937年の間はグラスゴー大学地質学教授を務め、1938年に英国地質調査所の監督者となった。

受賞歴[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]