エドワード・バーリンガム・ヒル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エドワード・バーリンガム・ヒル(Edward Burlingame Hill、1872年9月9日 マサチューセッツ州ケンブリッジ - 1960年7月9日 ニューハンプシャー州フランシスタウン)はアメリカ合衆国作曲家・音楽教師。

ハーヴァード大学1894年に卒業すると、ボストンジョン・ノウルズ・ペインやフレデリック・フィールド・ビュラード、マーガレット・ルースヴェン・ラング、ジョージ・ホワイティングに、またパリ留学によりシャルル=マリー・ヴィドールに音楽を師事。帰国後にさらにボストンでジョージ・ホワイトフィールド・チャドウィックの薫陶を受けた。

1908年ハーヴァード大学の教員となり、1940年に引退するまでその地位にあった。著名な門弟にレナード・バーンスタインウォルター・ピストンヴァージル・トムソンロジャー・セッションズエリオット・カーターロス・リー・フィニーら。

広汎な作品のうち、交響曲交響詩(各4点)、2つの舞踊音楽、2つの管弦楽組曲、2つのピアノ協奏曲ヴァイオリン協奏曲(1)、イングリッシュホルン協奏曲、室内楽曲(複数)、2台ピアノのための《ジャズ練習曲(jazz étude)》、合唱のための頌歌(1)、カンタータ(1)が主要な作品として挙げられる。

参考文献[編集]