エドワード・ソリアーノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エドワード・ソリアーノ
Edward Soriano
LTG EDWARD SORIANO.jpg
生誕 1946年11月12日(68歳)
フィリピンの旗 フィリピンパンガシナン州アルカラ英語版[1]
所属組織 アメリカ陸軍
軍歴 1970年 – 2005年
最終階級 中将(Lieutenant General)
テンプレートを表示

エドワード・ソリアーノ(Edward Soriano, 1946年11月12日)は、アメリカの軍人。アメリカ陸軍における最初のフィリピン系アメリカ人将官であり[2]、またフィリピン系アメリカ人のうち最も高階級まで昇進した将校である[3]。フィリピン出身で、家族と共にアメリカ合衆国に移住した後、サリナス高校英語版を卒業、サンノゼ州立大学英語版に進み、アメリカ陸軍予備役将校訓練課程英語版(Army ROTC)に参加した[1]

歩兵科将校となったソリアーノはアメリカ、韓国ドイツなどで勤務した[4]。その後、砂漠の盾作戦および砂漠の嵐作戦[1]、統合の努力作戦などにも連絡将校(liaison officer)として参加した[4]。2005年3月退役[1][5]。退役後はノースロップ・グラマンの防衛技術事業・宇宙開発事業に関する部門に幹部として迎えられ[6]、取締役会にも名を連ねている。

若年期[編集]

1946年11月12日、フィリピン・パンガシナン州に生まれる。父フレッド・ソリアーノ(Fred Soriano)はアメリカ陸軍の軍人で、第二次世界大戦中は第57歩兵連隊英語版フィリピン・スカウト英語版の伍長だった。バターン陥落に伴い極東陸軍(USAFFE)が降伏すると、フレッドも日本軍の捕虜となり、いわゆるバターン死の行進にも参加した。1951年、フレッドのフォート・ベニング英語版転勤[1]に合わせてソリアーノ家は米国へ移住した[5]。フレッドは朝鮮戦争にも参加し、その際にも捕虜となっている[1][7]。朝鮮戦争中にソリアーノ家は再びフィリピンに移っている[8]。その後、フレッドは陸軍少佐として退役を迎える[1]。1960年代、ソリアーノ家はカリフォルニア州サンノゼに移り[9]、エドワード・ソリアーノはサリナス高校へ進学した。やがて父の影響もあり、エドワードは軍人の道を志すようになる[1]

1970年、サンノゼ州立大学を卒業[8]し、のちにミズーリ大学にて行政学修士(Master of Public Administration, MPA)の称号を得た[4][10]。その後、ラオアグ系部族の血を引くフィリピン系アメリカ人のビビアン・ギジェルモ(Vivian Guillermo)と結婚[11]、メリッサ(Melissa)とキース(Keith)の2児をもうけた[1][8]

軍歴[編集]

1970年、サンノゼ州立大学にて陸軍予備役将校訓練課程英語版(Army ROTC)に歩兵将校として参加する[1][12]。ソリアーノが最初に配属されたのは、ノースカロライナ州フォート・ブラッグ英語版の偵察強襲学校(Recondo School)だった。その後、第508歩兵連隊英語版の対戦車小隊に移る[4][13]。続いて在韓米軍第2歩兵師団第23歩兵連隊英語版第1大隊戦闘支援中隊長として韓国へ派遣され、その後ワシントン州フォート・ルイス英語版第9歩兵師団英語版第3旅団第47歩兵連隊英語版第3大隊A中隊長となる[4][13]。そしてフォート・ベニング英語版にある陸軍歩兵学校英語版を卒業した後、ニューヨーク州オールバニ陸軍募集コマンド英語版(USAREC)勤務を経て、ドイツに駐在する第8歩兵師団英語版第39歩兵連隊英語版第1大隊C中隊長に就任[4][13]

ヨーロッパ勤務を終えたソリアーノはフォート・レブンワース陸軍指揮幕僚大学およびミズーリ大学カンザスシティ校英語版を卒業し、国防総省の作戦計画副参謀長部(Office of the Deputy Chief of Staff for Operations and Plans)および副参謀長人事部(Office of the Deputy Chief of Staff for Personnel)に勤務[4][4][13]。次いでテキサス州フォート・フッド第2機甲師団英語版第41歩兵連隊英語版第2大隊長として勤務し、陸軍大学校英語版を卒業した後に国防総省へ戻る[4][13]

日米協同指揮所演習「ヤマサクラ45」の開会式にて握手をするソリアーノ中将、エルバート・パーキンス中将(Elbert Perkins)、菅博敏陸将(2004年)

「砂漠の盾」作戦および「砂漠の嵐」作戦(湾岸戦争)の折、ソリアーノは第1海兵遠征軍の主任連絡士官を務めた[1]。戦後は参謀総長事務室(Office of the Chief of Staff)に勤務しつつ、湾岸戦争に関する国防長官報告書(Secretary of Defense's Gulf War Repor)の作成に陸軍代表者の1人として協力した[1][14]。1992年、コロラド州フォート・カーソンの第4歩兵師団第1旅団長に就任[4][13]。その後、再びドイツに派遣され、第3歩兵師団および第1歩兵師団に勤務し、この間に「統合の努力」作戦に基づく和平履行部隊の一員としてボスニア派遣に参加している[1][12]

アメリカへ戻ったソリアーノはバージニア州および国防総省で人事職などいくつかのポストを経験する[4][13]。1999年から2001年まで、フォート・カーソンにて第7歩兵師団長兼基地司令を務める[4][13][15]。2001年10月から2002年8月まで、統合戦力軍において国土安全保障部長(Director of Homeland Security)として勤務する[1][13]。この組織は後にアメリカ北方軍の母体となっている[3]

2002年8月より、最後の職となるフォート・ルイス基地司令兼第1軍団司令官としての勤務を開始する[4]。「イラクの自由」作戦(イラク戦争)の折には、ソリアーノの指揮下で多くの部隊がフォート・ルイスより派遣された,[16][17]。またその中には最初にストライカー装甲車を派遣した第2歩兵師団も含まれる[18]。2004年、ソリアーノはフォート・ルイス基地司令としてライアン・G・アンダーソン英語版を裁く軍法会議の設置を命じた[19]。アンダーソンはアルカイダへの協力について有罪判決を受け、同年9月には死刑の可能性を免除した上で終身刑に処された[20]

9月にはマラカニアン宮殿を訪問してフィリピン軍参謀長ナルシソ・アバヤ将軍(Narciso Abaya)[21]およびグロリア・アロヨ大統領と会談する[22]。ソリアーノは2003年5月にもアロヨの訪米中に出会っており面識があった[23]

2004年11月、フォートルイス基地司令および第1軍団司令官の職をジェームズ・M・デュビック中将(James M. Dubik)に引き継ぐ[24]。2005年3月1日、陸軍を退役する[4]

退役後[編集]

2010年4月、フォート・カーソン基地博物館建設の決定を祝する式典にて。左からB&M建設社社長バーバラ・マイリック(Barbara Myrick)、デヴィッド・G・パーキンス英語版中将、ソリアーノ元中将、ロバート・マクラフリン大佐(Robert McLaughlin)。

退役後はノースロップ・グラマンに勤務し、国土安全保障省および統合支援部隊の演習支援に関する業務にも参加した[6]。その他、ホーム・フロント・ケアーズ(Home Front Cares)[25]や、グッドウィル・インダストリーズの取締役会にも名を連ねている[26]。またフォート・カーソン基地内マウンテンポスト歴史センター(Mountain Post Historical Center)の代表取締役[27]、コロラドスプリングス商工会議所軍事部門委員会副議長[28]なども務めている。

勲章等[編集]

ソリアーノはアメリカ軍人として以下の勲章・記章等を受章している[1]

メダルおよびリボン[編集]

Bronze oak leaf cluster
陸軍殊勲章英語版柏葉章英語版付)
防衛上級貢献メダル
Bronze oak leaf cluster
Bronze oak leaf cluster
Bronze oak leaf cluster
Bronze oak leaf cluster
レジオン・オブ・メリット(柏葉章4つ付)
銅星章
防衛功績章英語版
Bronze oak leaf cluster
Bronze oak leaf cluster
Bronze oak leaf cluster
功労メダル英語版(柏葉章3つ付)
Bronze oak leaf cluster
陸軍褒章メダル英語版(柏葉章付)
海軍・海兵隊褒章メダル
陸軍業績章英語版

バッジ[編集]

Expert Infantry Badge.svg 歩兵特級射手記章英語版
US Army Airborne basic parachutist badge.gif 空挺記章英語版
Ranger Tab.svg レンジャー・タブ英語版
Office of the Secretary of Defense Identification Badge.png 国防長官府識別記章英語版
GeneralStaffID.gif 陸軍参謀識別記章英語版

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o De Castro, Cynthia (2009年4月29日). “Lieutenant General Edward Soriano: Highest Ranking Filipino-American in the US Army”. Voice of Fil-America (Asian Journal). http://www.ajdigitaledition.com/pdfs/PDF/2009_LV/2009_04_30/2009_LV_04_30_B%205.pdf 2013年5月20日閲覧。 
  2. ^ Fortuna, Julius F. (2007年8月23日). “Yano takes over Philippine Army”. The Manila Times. http://news.google.com/newspapers?id=XExaAAAAIBAJ&sjid=ESgMAAAAIBAJ&dq=edward-soriano&pg=2392%2C19560807 2013年1月17日閲覧。 
  3. ^ a b Rivera, Ray (2002年8月13日). “New commander at Fort Lewis, Army's highest-ranking Filipino”. Seattle Times. http://community.seattletimes.nwsource.com/archive/?date=20020813&slug=command13m 2013年4月7日閲覧。 
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o Lieutenant General EDWARD SORIANO”. Fort Riley. United States Army. 2013年4月6日閲覧。
  5. ^ a b Papa, Alcuin (2004年9月18日). “Fil-Am general here for visit, does things the Asian Way”. Philippine Daily Inquirer: pp. A1. http://news.google.com/newspapers?id=81c1AAAAIBAJ&sjid=iCUMAAAAIBAJ&dq=edward-soriano&pg=1020%2C25284953 2013年5月14日閲覧。 
  6. ^ a b Bohlen, Michelle (2008年11月18日). “Northrop Grumman Awarded 2009 FEMA National Level Exercise Contract”. News Releases (Northrop Grumman Corporation). http://www.irconnect.com/noc/press/pages/news_releases.html?d=154893 2009年5月31日閲覧。 
  7. ^ Fred D. Soriano”. Military Times Hall of Valor. Gannett (2013年). 2013年5月22日閲覧。
    Santos, Synthia (2004). “The Fort Lewis Military Museum Pays Tribute to Philippine Scouts”. The Banner (Fort Lewis Museum) XVIII (3): 7. http://www.fortlewismuseum.com/flm/news/banner_pdfs/200403.pdf 2013年5月26日閲覧。. 

    Frank Noel (1952年4月6日). “520406196”. Associated Press Images. Associated Press. 2013年5月26日閲覧。
  8. ^ a b c Eljera, Bert (22–28 August 1997). “Major General”. Asian Week. http://www.asianweek.com/082297/newsmaker.html 2013年4月6日閲覧。 
  9. ^ “Fil-Am now US Army lieutenant general”. Philippine Daily Inquirer. Associated Press. (2002年8月14日). http://news.google.com/newspapers?id=71g1AAAAIBAJ&sjid=iyUMAAAAIBAJ&dq=edward-soriano&pg=2487%2C20004704 2013年5月20日閲覧。 
  10. ^ Zweigenhaft, Richard L.; Domhoff, William (2006). Diversity in the Power Elite: How it Happened, Why it Matters. Rowman & Littlefield. p. 192. ISBN 9780742536999. http://books.google.com/books?id=0V0gO8tArK8C&lpg=PA192&ots=QCNzOwwWJ1&dq=Edward%20Soriano%20graduated%20%22Salinas%20High%20School%22&pg=PA192#v=onepage&q=Edward%20Soriano%20graduated%20%22Salinas%20High%20School%22&f=false 2013年4月14日閲覧。. 
  11. ^ Pamintuan, Ana Marie T. (2004年9月24日). “One Man's Path To the stars”. The Philippine Star. http://www.philstar.com/starweek-magazine/265404/one-man%C2%92s-path-stars 2013年5月21日閲覧。 
  12. ^ a b Roth, Jonathan (2013). “SJSU Alumnus Retires as Highest-ranking Filipino American”. Spartan Salute (San Jose tate University) 6 (Spring 2013): 1, 4. http://scholarworks.sjsu.edu/cgi/viewcontent.cgi?article=1005&context=spartsalute 2013年5月20日閲覧。. 
  13. ^ a b c d e f g h i Force Projection Symposium IV bios”. west-point.org. West-Point.Org. 2013年5月20日閲覧。
  14. ^ Conduct of the Persian Gulf War”. dod.mil. United States Department of Defense (1992年4月). 2013年5月26日閲覧。
  15. ^ “General takes over Fort Lewis Command”. Spokesman-Review. Associated Press. (2002年8月14日). http://news.google.com/newspapers?id=5GVWAAAAIBAJ&sjid=jPIDAAAAIBAJ&pg=2847%2C3243173 2013年5月20日閲覧。 
  16. ^ McGrath, John (2012). “A Brigade Replaces a Division, Northern Iraq, 2004”. In McGrath, John J.. Between the Rivers. Forth Leavenworth, Kansas: Combined Studies Institute Press. p. 109. ISBN 9780988583702. http://usacac.army.mil/cac2/cgsc/carl/download/csipubs/BetweenTheRivers_McGrath.pdf 2013年5月20日閲覧。. 
  17. ^ Orejas, Tonette (2003年2月7日). “Fil-Am general on top of US war preperations”. Philippine Daily Inquirer. http://news.google.com/newspapers?id=MFU1AAAAIBAJ&sjid=fCUMAAAAIBAJ&pg=548%2C2804155 2013年5月20日閲覧。 
  18. ^ Tyson, Ann Scott (2003年10月9日). “New Army 'Stryker' combat vehicle nears Iraq test”. Christian Science Monitor. http://www.csmonitor.com/2003/1009/p02s02-usmi.html 2013年5月26日閲覧。 
    Gregg K. Kakesako (2003年11月2日). “On the move”. Star Bulletin. http://archives.starbulletin.com/2003/11/02/news/story8.html 2013年5月26日閲覧。 
  19. ^ Mitchell, Melanthia (2004年6月23日). “Soldier accused of trying to help terrorists faces court-martial”. Seattle Times. Associated Press. http://seattletimes.com/html/localnews/2001963122_websoldier23.html 2013年5月20日閲覧。 
  20. ^ Barber, Mike (2004年9月2日). “Guardsman convicted of trying to help al-Qaida”. Seattle Post-Intelligencer. http://www.seattlepi.com/default/article/Guardsman-convicted-of-trying-to-help-al-Qaida-1153259.php 2013年5月20日閲覧。 
  21. ^ Sotelo-Fuetes, Yolanda (2004年9月21日). “Fil-Am general gets hero's welcome in Pangasinan”. Philippine Daily Inquirer. http://news.google.com/newspapers?id=9lc1AAAAIBAJ&sjid=iCUMAAAAIBAJ&dq=edward-soriano&pg=901%2C26973278 2013年5月20日閲覧。 
  22. ^ “Fil-Am general in US military visits Arroyo”. Manila Bulletin. (2004年9月18日). http://www.highbeam.com/doc/1G1-122199466.html 2013年4月7日閲覧。 
    “GMA praises 3-star FilAm general in US armed forces”. Manila Mail. (2004年9月17日). http://www.manilamail.com/features/FilAmGeneral.htm 2013年4月7日閲覧。 
  23. ^ Marichu Villanueva (2003年5月22日). “Bush, like Clinton, has Pinoy aides”. The Philippine Star. http://www.philstar.com/news-feature/207079/bush-clinton-has-pinoy-aides 2013年5月20日閲覧. "Also a source of presidential pride was the presence of US army Lt. Gen. Edward Soriano, who was introduced by Bush to Mrs. Arroyo as "one of the highest ranking Filipino Americans in the history of America’s military."
    As they shook hands, the President said Soriano thanked her for going to his hometown of Alcala, Pangasinan to save his fellow townmates from discrimination after the country’s first two reported deaths from Sever Acute Respiratory Syndrome were from Alcala."
     
  24. ^ Seattle Post-Intelligencer Staff (2004年11月1日). “Incoming commander not new to Fort Lewis”. Seattle Post-Intelligencer. http://www.seattlepi.com/local/article/Incoming-commander-not-new-to-Fort-Lewis-1158275.php 2013年5月20日閲覧。 
    “Local Digest”. Seattle Times. (2004年11月4日). http://seattletimes.com/html/localnews/2002081779_dige04m.html 2013年5月20日閲覧。 
  25. ^ The Home Front Cares 2012 Annual Report”. The Home Front Cares (2012年). 2013年5月20日閲覧。
  26. ^ “Business Briefs - 2/3/2006”. The Colorado Business Journal. (2006年2月3日). http://csbj.com/2006/02/03/business-briefs-232006/ 2013年5月20日閲覧。 
  27. ^ Board of Directors”. The Mountain Post Historical Center. 2009年5月31日閲覧。
  28. ^ Schroyer, John (2010年11月22日). “Hickenlooper: Troops key to success”. The Gazette. http://gazette.com/article/108427 2013年5月20日閲覧. "Retired Army Lt. Gen. Edward Soriano said he was "delighted" with Hickenlooper's remarks.
    "That's precisely what we're about," said Soriano, who is also vice-chairman of the chamber's military affairs committee."
     
    Board Members”. coloradospringschamber.org. Colorado Springs Regional Business Alliance (2013年). 2013年5月20日閲覧。

外部リンク[編集]