エドワード・シェルドン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Edward Austin Sheldon


任期
1861 – 1897
後任者 I. C. Poucher

出生 1823年10月4日
Perry Center, New York
死亡 1897年8月26日(73歳)
Oswego, New York
配偶者 Frances Stiles Sheldon
子女 Mary Sheldon Barnes.
居住地 Oswego, New York
母校 Hamilton College
専業 教育者
信仰 会衆派教会

エドワード・オースティン・シェルドン(Edward Austin Sheldon、1823年10月4日 - 1897年8月26日)は、アメリカ合衆国教育者ニューヨーク州立大学オスウィーゴー校 (State University of New York at Oswego) の前身であるオスウィーゴー師範学校 (Oswego Primary Teachers' Training School) の初代校長。ニューヨーク州内のシラキュースオスウィーゴー (Oswego) の教育長 (superintendent) も務めた。シェルドンの最も重要な業績は、ヨハン・ハインリッヒ・ペスタロッチの原理や教育手法を、オスウィーゴー運動 (Oswego Movement) を通してアメリカ合衆国の教育に導入したところにあった[1]。教育家のメアリ・シェルドン・バーンズ (Mary Sheldon Barnes) は娘である。

シェルドンとオスウィーゴー運動[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Oswego: Fountainhead of Teacher Education, Dorothy Rogers, Appleton-Century-Crofts, Inc., New York, 1961

外部リンク[編集]