エドワード・ウェスターマーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エドワード・ウェスターマーク
Edvard Alexander Westermarck
Edvard Westermarck
生誕 1862年11月20日
フィンランド大公国の旗 フィンランド大公国ヘルシンキ
死没 1939年9月3日(満76歳没)
フィンランドの旗 フィンランド
時代 19世紀の哲学
20世紀の哲学
地域 西洋哲学
学派 文化人類学
研究分野 認識論倫理学
ジェンダーインセスト・タブー
社会哲学社会思想
主な概念 インセスト・タブー
ウェスターマーク効果
テンプレートを表示

エドワード・ウェスターマーク(Edvard Alexander Westermarck、エドヴァルト・ヴェステルマルク、1862年11月20日 - 1939年9月3日)は、フィンランド哲学者人類学者である。

人物[編集]

ヘルシンキ生まれ。ヘルシンキ大学、英国のロンドン・スクール・オブ・エコノミクスで教鞭を執った。

彼は族外婚近親相姦タブーについて研究し、家庭内で幼少期に一緒に育った子供たちが次第に性的感情を持つ事が少なくなっていく現象を発見した。これは現在ウェスターマーク効果と言われている。

主な邦訳著作[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]