エドワード・イースト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エドワード・ハザード・イースト、 (Edward Hazzard East) 、あるいはE・H・イースト1830年10月1日 - 1904年11月12日)は、南北戦争北軍の占領下にあったテネシー州を治める軍政長官アンドルー・ジョンソンによって同州の州務長官に指名され、1862年から1865年まで務めた。ジョンソンが1865年3月4日に副大統領に就任した後は、「選挙された」州知事たるウィリアム・G・ブラウンロウが4月5日に就任するまでの間、イーストは「テネシー州知事代理」を務めた。

公式『テネシー州青書 (Tennessee Blue Book)』は、イーストを公式な知事の一覧に含めていない。これは、テネシー州知事経験者の人数が資料によって異なる理由の1つである。

イーストは、1854年にレバノン法学校(のちのカンバーランド法学校)を卒業した。彼はヘンリー・クレイに倣ってホイッグ党員となった。彼は、南部諸州の連邦脱退には反対であった。エイブラハム・リンカン暗殺後、大統領となったアンドルー・ジョンソンはイーストをワシントンD.C.に呼び出し、イースト判事に「空いている任意の地位に就くよう勧めたが、彼はその全てを断った」。イーストは著名な法律家であり、連邦最高裁に持ち込まれた諸々の事件について論じた。また、南北戦争前後には演説者として知られた。イースト判事は、ヴァンダービルト大学評議会の設立委員5名のうち1人であった。

テネシー州ナッシュヴィルのオリヴェット・マウント墓地に埋葬された。

外部リンク[編集]