エドワルド・プレスケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロシア帝国の旗 ロシア帝国の政治家
エドワルド・プレスケ
Эдуард Дмитриевич Плеске
Eduard Pleske.jpg
エドワルド・プレスケ(1903年)
生年月日 1852年
没年月日 1904年2月4日
前職 大蔵官僚
サイン Pleske Eduard Dmitrievich Signature.jpg

任期 1903年8月16日 - 1904年2月4日
皇帝 ニコライ2世

任期 1894年 - 1903年
皇帝 アレクサンドル3世ニコライ2世
テンプレートを表示

エドワルド・ドミトリエヴィチ・プレスケロシア語: Эдуард Дмитриевич ПлескеEduard Dmitrievich Pleske1852年 - 1904年2月4日)は、帝政ロシア官僚政治家

経歴・概要[編集]

1852年、ロシア帝国の貴族の家庭に生まれる。インペリアル・アレクサンドル・リツェイ(リセ、学習院)を卒業し、大蔵省に入省する。大蔵省では特別信用局次長、局長を歴任する。1894年ロシア帝国国立銀行総裁に任命される。1895年から1899年に発行された紙幣には国立銀行総裁としてのプレスケの名が見受けられる。

1903年セルゲイ・ウィッテ蔵相の下、大蔵次官に任命されウィッテが大臣会議議長(首相)に就任すると、1903年8月16日、その後任として蔵相に就任し在職中の1904年2月4日に死去した。1904年の短期間に国家評議会議員にも選出されている。

著作[編集]

プレスケは、以下の著作を出版した。

  • Reference Guide to Tax collectors, State Chambers and Treasuries , 1885年

外部リンク[編集]

先代:
ユーリ・ジューコフスキー
ロシア帝国国立銀行総裁
1894年1903年
次代:
セルゲイ・チマシェフ
先代:
セルゲイ・ヴィッテ
ロシア帝国大蔵大臣
1903年1904年
次代:
ウラジーミル・ココツェフ