エドモンド・モレル (ジャーナリスト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エドモンド・モレル

エドモンド・モレル(Edmund Dene Morel,1873年7月10日 - 1924年11月12日)は、イギリスジャーナリスト

パリ出身。8歳でイギリスの寄宿学校に入学し15歳まで学ぶ。17歳でリバプールの海運会社の事務員となり1893年からは生活のためアフリカ関係を扱うジャーナリストの仕事もするようになった。海運会社の主任連絡員としてリバプールからベルギーを往復する間にコンゴ自由国から輸入されるゴムの圧倒的多さに対して、ベルギーからコンゴへ輸出される商品が武器弾薬に限られていることに気付いて調査に乗り出し、1900年からコンゴ自由国の内情とベルギー国王レオポルド2世の圧制を暴露して糾弾した。1906年には代表作『赤いゴム』を発表して国際世論を味方につけレオポルド2世を追い詰め1908年にコンゴ自由国を消滅させた。第一次世界大戦が勃発すると反対運動に加わり逮捕され刑務所で半年間服役した。大戦後は労働党から国会議員に選出され1924年に亡くなった。

外部リンク[編集]