エドウィン・サルピーター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エドウィン・サルピーター(Edwin Ernest Salpeter,1924年12月3日 - 2008年11月26日)はオーストリア生まれで、オーストラリアに帰化し、主にアメリカ合衆国で活躍した天文物理学者である。ハンス・ベーテとともに量子電磁気学、核物理学、天文物理学の分野の研究を行った。素量子の分野でベーテ=サルピーター方程式や、天文の分野で「サルピータ過程」「サルピーター関数(初期質量関数)」などに名前が残っている。

ウィーンに生まれたが、1935年にオーストラリアに帰化した。シドニー大学で数学と物理学を学んだ。バーミンガム大学ルドルフ・パイエルスのもとで学位を取得した。1948年からコーネル大学で、ハンス・ベーテと核物理学や天文物理学の分野で研究を行った。

サルピーターは星の内部での核反応による起源(特に3個のヘリウム核から炭素が生成されるトリプルアルファ反応 の研究を行った。1955年宇宙の初期質量と恒星の生成速度との関係を示すサルピーター関数を提案した。

賞・叙勲等[編集]

外部リンク[編集]