エドゥアール・シャヴァンヌ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エドゥアール・シャヴァンヌ

エドゥアール・シャヴァンヌÉdouard Chavannes1865年10月5日 - 1918年1月20日)は、フランス歴史学者東洋学者リヨン生まれ。姓はシャバンヌとも表記される。

フランスにおける中国学東洋学東洋史学の草分け的存在とされる。

1893年よりコレージュ・ド・フランスの教授となる。

1885年から1905年にかけて『史記』の翻訳注釈を行った(“Les Memoires historiques de Se-ma Ts'ien ”)。日本では解説論文が新潮選書で、岩村忍訳『司馬遷と史記』として出版されている(現在は絶版)。

1913年には、1907年オーレル・スタインによって発見された木簡の「敦煌漢簡」700片余の解読を完了し、“Les documents chinois : decouverts par Aurel Stein dans les sables du Turkestan oriental ”としてオックスフォード大学出版部より出版した。

1910年にフランスのアジア学会副会長、1916年イギリスのアジア協会の名誉会員となった。

主な論文に“le t'ai chan : essai de monographie d'un culte chinois”があり、日本では菊地章太訳『泰山:中国人の信仰』(アシアーナ叢書 001)として勉誠出版から出版されている。

編纂としては“Documents sur les Tou-kiue (Turcs) occident aux”があり、『西突厥史料』として馮承鈞によって訳され(1934年)、2004年中華書局版など、中国本土と台湾で数種の版が出版されている。