エドゥアルド・フレイ・モンタルバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エドゥアルド・フレイ・モンタルバ
Eduardo Frei Montalva
Eduardo Frei (1972).jpg

任期 1964年11月3日1970年11月3日

出生 1911年1月6日
チリの旗 チリサンティアゴ・デ・チレ
死去 1982年1月12日(満70歳没)
政党 Flag of the Christian Democrat Party of Chile.svgキリスト教民主党PDC
署名 Firma Frei Montalva.svg

エドゥアルド・フレイ・モンタルバEduardo Frei Montalva, 1911年1月16日 - 1982年1月12日)は、チリ共和国大統領(第28代)。

経歴[編集]

1911年1月16日サンティアゴ・デ・チレに生まれる。ドイツ系スイス人の子孫である。

1933年に、弁護士となる。1938年に、チリの保守党(Partido Conservador)で、政治家として活動を始める。1949年、チリ上院議員に当選する。1957年キリスト教民主党Partido Demócrata Cristiano de Chile)の結成に参加する。1958年のチリ大統領選挙に出馬するものの、保守党のホルヘ・アレッサンドリ(Jorge Alessandri)とチリ社会党のサルバドール・アジェンデにおよばず、第三位の得票を得る。

1964年のチリ大統領選挙に、対立候補のサルバドール・アジェンデに勝ち、11月3日にチリ大統領となる。『自由の中の革命』を公約として、外国資本の元にあったチリの鉱山をチリの物とし、穏健な農地改革を進める。住宅建設を進め、資本家よりも一般大衆の利益をより優先する政策をとった。1970年11月3日、大統領職を任期満了で退き、大統領選挙に勝利したサルバドール・アジェンデが引き継ぐこととなる。

アジェンデ政権に対しては、批判的な立場をとり続ける。1973年3月、チリ上院議長に選ばれる。1973年9月11日の際のチリ・クーデターに際して、「支持」の立場をとっていたという情報もある[1]。しかし、アウグスト・ピノチェト軍事政権に対して批判の立場を強めた。元大統領の保守政治家として、独裁体制を終わらせる勢力の核として、期待されるに至る。

1982年1月12日、入院先の病院で死去する。腹膜炎が原因とされてきたが、遺族や民主勢力の調査活動の結果、毒殺された疑いが濃いことが分かり、2009年12月7日、軍関係者ら6人が逮捕される[2][1]。ただし、このときに判事の判断の根拠となった報告書は科学的な真正さについて疑問が呈されてもおり、被告6人は保釈され、審理はその後、進んでいない。2014年1月には、これら6被告のうち4人が、ピノチェト政権下において別の複数の囚人を毒殺し、また毒殺未遂を働いたとの容疑で逮捕されている[3]

なお、息子のエドゥアルド・フレイ・ルイスタグレEduardo Frei Ruiz-Tagle)は、1994年5月から2000年5月まで、第32代チリ大統領に就任した。

脚注[編集]

外部リンク[編集]


公職
先代:
ホルヘ・アレッサンドリ
チリの旗 チリ共和国大統領
第28代:1964 - 1970
次代:
サルバドール・アジェンデ