エディ・ブラウン (ワイドレシーバー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エディ・ブラウン

Eddie Brown  No. 81

ワイドレシーバー
生年月日:1962年12月18日(52歳)
出身地:アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国フロリダ州マイアミ
身長:6' 0" =約182.9cm 体重:185 lb =約83.9kg
NFLデビュー
1985年シンシナティ・ベンガルズ
経歴
大学マイアミ大学
NFLドラフト1985年 / 1巡目(全体の13番目)
 所属チーム:
通算成績
(1992年までの成績)
レシーブ     363回
レシーブ獲得ヤード     6,134ヤード
TDレシーブ     41回
ラン獲得ヤード     164ヤード
NFL.comよりの成績
受賞歴・記録
  • プロボウル選出:1回(1988年)

エディ・ブラウン(Eddie Brown 1962年12月18日- )はフロリダ州マイアミ出身のアメリカンフットボール選手。NFLシンシナティ・ベンガルズで1985年から1991年までプレーした。ポジションはワイドレシーバー。ビッグプレーメーカーとして活躍した[1]

マイアミ大学の一員として1984年1月2日に行われたオレンジボウルネブラスカ大学を破り全米チャンピオンとなった。1984年シーズンにはマイアミ大学のWRとして初めて1,000ヤードを超えるレシーブを記録、ボストンカレッジ戦では10回のキャッチで220ヤードを獲得、この試合でチームのQBバーニー・コーザーは大学記録となる447ヤードを獲得したものの、相手QBダグ・フルーティは472ヤードを獲得、最後に投げたヘイルメリーパスが決まり45-47でマイアミ大学は負けた(Hail Flutie[2]

1985年のNFLドラフトではWRとしてアル・ツーンに次いで2番目、ジェリー・ライスより3つ前の1巡目全体13位でシンシナティ・ベンガルズに指名された[3]。契約は難航したものの[4]4年間160万ドルで契約[5]、この年53回のキャッチで942ヤードを獲得(ベンガルズ史上クリス・コリンズワースに次ぐ新人WRとして歴代2位の記録[6])、8タッチダウンをあげてAP通信より最優秀新人攻撃選手に選ばれた[3][7]。また1969年のスピーディー・トーマス、1973年のアイザック・カーティス、1981年のクリス・コリンズワースに次いでチーム史上4人目の1試合100ヤードレシーブを記録した新人WRとなった[8]

1986年1月18日ルーキー・オブ・ザ・イヤーの表彰を受けるためワシントンに向かっていた彼の乗った飛行機がワシントン・ダレス国際空港へ緊急着陸する事態に遭遇した。この飛行機にはカレッジフットボール最優秀QBに選ばれたビニー・テスタバーディも乗っていた[9][10]

1987年に4勝11敗だったチームについて彼はストライキが他のチームより多くの打撃をチームに与えたと発言している[11]

1988年にNFL1位のオフェンスの活躍もあり[12]12勝4敗の成績をあげてAFC中地区優勝を果たした。この年53回のキャッチで1,273ヤードを獲得(獲得ヤード数、1回あたり24ヤードはいずれもチーム記録)、9タッチダウンをあげた彼はブーマー・アサイアソンジェームズ・ブルックスロドニー・ホールマンアンソニー・ムニョスマックス・モントーヤティム・クラムライエリック・トーマスデビッド・フルチャーと共にプロボウルに選出された[3][13]。この年50回以上のレシーブをした選手の中でNFLトップの1回平均24ヤードを獲得した[3]。この年当時のチーム記録となる1試合216ヤード獲得の活躍も見せている。チームはプレーオフでシアトル・シーホークスバッファロー・ビルズを破ったが第23回スーパーボウルサンフランシスコ・フォーティナイナーズに16-20と敗れ優勝はならなかった。

1989年にはホールドアウトを行いプレシーズンゲームとシカゴ・ベアーズとの開幕戦を欠場し4年間360万ドルの絵契約を結びチームに合流した[12]

1990年には44回のキャッチを記録、チームは9勝7敗ながら地区優勝を果たした。

1991年シーズン終盤、頸椎ヘルニアの手術を行うためチームを離脱[14]、1992年シーズンを全休した。1993年に復帰することがチームから期待されていたが[15]1991年シーズンが最後のシーズンであった。

現役引退後、カリフォルニア州で労災認定を申請している(カリフォルニア州ではフランチャイズを置くチームに所属していなくても同州で行われた試合に1試合でも出場すれば労災の申請ができる。[16])選手の1人である[17]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Whenever Esiason Delivered, Holman Was There to Receive Bengals: Tight end becomes primary--but not sole--target after injury to wide receiver Eddie Brown last Monday.”. ロサンゼルス・タイムズ (1990年10月8日). 2010年12月5日閲覧。
  2. ^ Marcus Session (2010年4月28日). “The 50 Greatest Miami Hurricanes”. bleacherreport.com. 2011年10月23日閲覧。
  3. ^ a b c d Eddie Brown”. bleacherreport.com (2010年7月12日). 2010年12月28日閲覧。
  4. ^ Schenectady Gazette” (1985年8月7日). 2010年12月5日閲覧。
  5. ^ Bengals finally sign top draft selection Eddie Brown of UM”. ゲインズビル・サン (1985年8月7日). 2010年12月5日閲覧。
  6. ^ Trying rookies in trying times”. bengals.com (2010年11月16日). 2010年12月5日閲覧。
  7. ^ Names in the News”. ロサンゼルス・タイムズ (1986年1月2日). 2010年12月5日閲覧。
  8. ^ Dolphins-Bengals Preview”. bengals.com (2008年8月18日). 2010年12月5日閲覧。
  9. ^ A plane carrying University of Miami quarterback Vinny Testaverde and ...”. ロサンゼルス・タイムズ (1986年1月19日). 2010年12月5日閲覧。
  10. ^ Testaverde scores Tough 'Touchdown'”. The Albany Herald (1986年1月19日). 2010年12月5日閲覧。
  11. ^ Bengals still want Wyche”. ピッツバーグ・ポスト=ガゼット (1987年12月28日). 2010年12月5日閲覧。
  12. ^ a b Brown Strikes Early, Helps Bengals Win”. ロサンゼルス・タイムズ (1989年9月18日). 2010年12月5日閲覧。
  13. ^ Bengals 1988 Summary”. bengals.com. 2010年12月5日閲覧。
  14. ^ BAD NEWS BENGALS: BROWN HAS SURGERY”. デイトン・デイリー・ニュース (1991年11月12日). 2010年12月5日閲覧。
  15. ^ BROWN SET TO RECEIVE BENGALS CONTRACT”. デイトン・デイリー・ニュース (1993年7月22日). 2010年12月5日閲覧。
  16. ^ 近藤祐司 (2010年4月9日). “NFLチームのLA移転は消滅?障壁はカリフォルニア州法”. NFL JAPAN. 2010年12月5日閲覧。
  17. ^ Teams Dispute Workers’ Comp Rights”. ニューヨーク・タイムズ (2010年4月6日). 2010年12月5日閲覧。

関連項目[編集]

  • チャド・ジョンソン - 2003年シーズンに1,355ヤードを獲得、2006年の1試合で260ヤードを獲得しブラウンの持つチーム記録を更新した。

外部リンク[編集]

先代:
ルイス・リップス
NFL最優秀新人攻撃選手
1985年
次代:
ルーベン・メイズ
先代:
ブライアン・ブラドス
シンシナティ・ベンガルズドラフト1巡指名
1985年
次代:
エマニュエル・キング