エディフィシオ・コレオス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エディフィシオ・コレオス
Edificio Correos.jpg
エディフィシオ・コレオス正面の付柱
情報
用途 郵便局・観光案内所・博物館
設計者 ルイス・リャチ
施工 イングリッシュ・コンストラクション
建築主 コスタリカ政府
竣工 1917年
文化財指定 歴史的建造物
指定日 1980年10月14日
テンプレートを表示

エディフィシオ・コレオススペイン語: Edificio Correos、「郵便局の建物」の意。)はコスタリカ首都サンホセ郵便局であり著名なランドマークでもある。1917年に完成したこの建物は、ルイス・リャチにより折衷主義的に設計され、アメリカ合衆国の建設会社イングリッシュ・コンストラクション社が施工した。ピーグリーンの壁とコリント式ピラスター(付柱)が特徴的である。建物中央のアーチには両脇を天使に支えられたコスタリカの国章をかたどったレリーフが飾られている。建物正面には1824年から1828年まで大統領を務めたフアン・モラ・フェルナンデススペイン語: Juan Mora Fernandez)の像が建物に相対する形で立っている[1]1980年10月14日には歴史的建造物に指定された[2]。建物内にはコレオス・デ・コスタリカ中央郵便局及び観光案内所が入居しており、日常業務を現在も行っている。また1985年からは2階にコスタリカ切手博物館が入居しており、ペニー・ブラック1863年にコスタリカで初めて発行された切手をはじめとした貴重な収蔵品を公開している。また月に一度博物館主催の切手交換会が行われている[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Baker, C.P. (2005). Costa Rica. Dorling Kindersley Eye Witness Travel Guides. pp. 58–59. 
  2. ^ El Correo en Costa Rica(スペイン語),2012年4月19日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]