エティエンヌ・ベズー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エティエンヌ・ベズー
人物情報
生誕 Étienne Bézout
1730年3月31日
Royal Standard of the King of France.svg フランス王国ヌムール
死没 1783年9月27日(満53歳没)
Royal Standard of the King of France.svg フランス王国en:Avon, Seine-et-Marne
国籍 フランスの旗 フランス
学問
研究分野 代数幾何学
研究機関 アカデミー・フランセーズ
主な業績 ベズーの定理ほか
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示
ベズーのen:Avon, Seine-et-Marne

エティエンヌ・ベズーフランス語:Étienne Bézout1730年3月31日 - 1783年9月27日)は、フランス王国ヌムール出身の数学者

ベズーの定理の由来[1]べズーのアイデンティティ英語版に名が伝わっている。

生涯[編集]

1730年3月31日、フランス王国のヌムールに生まれ、1758年アカデミー・フランセーズへ入会する。

1779年パリで著された『Théorie générale des équations algébriques』はこんにちのベズーの定理の由来となっているが、脚注1にも示した通り完全なものではなく、その後の1873年に同国出身の数学者ジョルジュ・アンリ・アルファン英語版によって初めて証明され、1930年オランダの数学者バルテル・レーンデルト・ファン・デル・ヴェルデン英語版によって初等的な証明を与えた。

1783年9月27日、en:Avon, Seine-et-Marneで没する。

脚注[編集]

  1. ^ ベズ―の定理は当記事であるエティエンヌ・ベズーが由来であるが、厳密にはベズーがこの定理の証明を公表したのは、1779年に出版した 『Théorie générale des équations algébriques』に於いてである。しかし、彼は多変数の方程式について現代的な代数の記法を知らなかったため、その証明は非常に煩雑なものであった。定理が成り立つための正確な設定も行わなかったため、現代的には彼の証明は正しくなく、ヒューリスティクスに類するものと見なされている。詳細はベズーの定理#歴史を参照されたい。

関連項目[編集]