エティエンヌ・ピヴェール・ド・セナンクール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エティエンヌ・ピヴェール・ド・セナンクール(Etienne Pivert de Senancour、1770年11月16日-1846年1月10日パリ出身)は、フランスの作家・モラリスト

青年の苦悩と彷徨を扱った書簡体の長編『オーベルマン』は発表当時、『若きウェルテルの悩み』にも匹敵するベストセラーとなった。『オーベルマン』(岩波文庫所収)のほか、若干の邦訳がある。 作曲家であるフランツ・リストは自身の曲である『オーベルマンの谷』の冒頭に、セナンクールの『オーベルマン』より抜粋した一節を記載している

作品[編集]

  • Les Premiers Ages. Incertitudes humaines (1793)
  • Aldomen ou le bonheur dans l’obscurité (1795)
  • Rêveries sur la nature primitive de l’homme (1799)
  • オーベルマン Obermann (1804)
  • De l’amour (1806)
  • Valombré (1807)
  • Lettre d’un habitant des Vosges sur MM. Buonaparte, de Chateaubriand, Grégoire, Barruel (1814)
  • Observations critiques sur l’ouvrage intitulé "Génie du christianisme", suivies de réflexions sur les écrits de Monsieur de Bonald (1816)
  • Résumé de l’histoire de la Chine (1824)
  • Résumé de l’histoire des traditions morales et religieuses (1825)
  • Isabelle (1833)
  • Ynarès ou conjectures sur le sort futur de l'homme (??)