エティエンヌ・ド・シルエット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エティエンヌ・ド・シルエット: Étienne de Silhouette1709年7月5日 - 1767年1月20日)は、フランス王国ブルボン朝貴族ルイ15世の下で財務総監(財務大臣)を務めた。

略歴[編集]

フランス中部リモージュで生まれる。父アルノー・ド・シルエットはビアリッツ出身のバスク人であった。10代後半にロンドンに留学し、イギリスの経済などを学ぶ。アレキサンダー・ポープの著書を翻訳して庶民に寄贈したりしていた。

七年戦争が終わった後に財務総監に就任する。先代のルイ14世が対外戦争と浪費に明け暮れたため、フランスは深刻な財政難に陥っていた。シルエット自身には特別な財政再建策があったわけでもなく、国民には贅沢を戒めよと説くだけであり、もっぱら「無能大臣」と呼ばれていた。だが自ら節約に励み、金のかからない影絵によるシンプルな肖像画を編み出した。これが後に「シルエット」と呼ばれる技法である。