エティエンヌ・ダオー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エティエンヌ・ダオー

エティエンヌ・ダオーÉtienne Daho, 1956年1月14日 - )は、フランスの歌手。アルジェリアオラン生まれ。低い囁くような歌声から、レナード・コーエンチェット・ベイカーとも比較されたことがある。音楽的に影響を受けたのは、セルジュ・ゲーンズブールヴェルヴェット・アンダーグラウンドビーチ・ボーイズシド・バレットだという。リリースされたアルバムは少なくともゴールドかプラチナ・アルバムとなっている。イギリスのバンド、セイント・エティエンヌの曲He's on the Phoneは、ダオーのWeek end à Romeを下敷きにしており、原曲からダオーの語りをフィーチャーしている。

ディスコグラフィー[編集]

  • Mythomane (1981年)
  • La notte, la notte (1984年)
  • Tombé pour la France (mini album) (1985年)
  • Pop satori (1986年)
  • Pour nos vies martiennes (1988年)
  • Live ED (1989年)
  • Paris ailleurs (1991年)
  • DahOlympia (1993年)
  • Reserection EP (セイント・エティエンヌと共演のEP) (1995年)
  • Eden (1996年)
  • Singles (1998年)
  • Corps et armes (2000年)
  • Daho Live (2001年)
  • Dans la peau de Daho (long box) (2002年)
  • Réevolution (2003年)
  • Sortir ce soir (best of live) (2005年)
  • Pop satori Deluxe (boxset) (2006年)
  • L'invitation (2007年)
  • Daho Pleyel Paris' (2009年)

外部リンク[編集]