エッセ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エッセラテン語Esse)は、キリスト教スコラ哲学における神学用語で、から事物に付与される「存在性」を意味する。ラテン語の動詞 sum(存在する・ある・コプラ動詞)の不定形である。

トマス・アクィナスの思想の中核概念とされる。

ヘーゲルハイデッガー哲学用語としての「ザイン Sein(「存在する」という動詞の不定形)」は、エッセの概念を参照している。