エッゲンタール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
紋章 地図
(郡の位置)
Wappen von Eggenthal.png Locator map OAL in Germany.svg
基本情報
連邦州: バイエルン州
行政管区: シュヴァーベン行政管区
郡: オストアルゴイ郡
緯度経度: 北緯47度55分
東経10度31分
標高: 海抜 713 m
面積: 28.1 km²
人口:

1,311人(2013年12月31日現在) [1]

人口密度: 47 人/km²
郵便番号: 87653
市外局番: 08347
ナンバープレート: OAL
自治体コード: 09 7 77 124
行政庁舎の住所: Gemeinde Eggenthal
Römerstr. 12
87653 Eggenthal
ウェブサイト: www.eggenthal.de
首長: ハラルト・ポルツァー (Harald Polzer)
郡内の位置
Eggenthal in OAL.svg

エッゲンタール (Eggenthal) は、ドイツ連邦共和国バイエルン州シュヴァーベン行政管区オストアルゴイ郡に属す町村(以下、本項では便宜上「町」と記述する)で、エッゲンタール行政共同体の本部所在地である。

エッゲンタール

地理[編集]

エッゲンタールはアルゴイ地方に位置する。

自治体の構成[編集]

この町は、公式には20の地区 (Ort) からなる[2]。このうち小集落や孤立農場などを除く集落を以下に列記する。

  • バイエルスリート
  • エッゲンタール
  • ロマーツリート
  • シュテーリングス

ロマーツリート集落にはロマーツリート城趾があり、ここにはすでに青銅器時代から入植地が造られていた可能性がある。

歴史[編集]

エッゲンタールはローマの宿駅 Navoa であると同定されている。エッゲンタール家は1130年から1457年の間文献に記録が遺されている。その後エッゲンタールはイルゼー帝国修道院領となり、1803年帝国代表者会議主要決議以降はバイエルンに属した。バイエルンの行政改革に伴う1818年の市町村令により現在の自治体が成立した。

人口推移[編集]

  • 1970年 1,124人
  • 1987年 1,186人
  • 2000年 1,284人

行政[編集]

町長はハラルト・ポルツァー (Freie Wählervereinigung) である。

紋章[編集]

赤地で、緑の土地の上に建つ銀の里程標、その基部にはNAWEの文字が記されている。里程標の両側には、銀と黒が5回入れ替わる彩色で金の柄が付いた戦闘用棍棒が2本描かれている。

ギャラリー[編集]

引用[編集]