エッグインザバスケット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エッグ・イン・バスケット

エッグインザバスケット(egg in the basket)とは、アメリカ・イギリスなどで朝食メニューの定番の卵料理の一種で、通常は切ったパンに穴を空け、目玉焼きを入れたものである。ワッフルベーグルを使うこともある。

調理中のエッグインザバスケット

名前は直訳で「カゴの中の卵」を意味する。その他「ワン・アイド・サンドイッチ」「サンシャイン・トースト」など地域によりさまざまな名前で呼ばれる。

アメリカ軍ではあらかじめ中央に穴の開いたパンを焼いてそれをスライスしたものを鉄板に並べ、穴に卵を落としてパンと卵を同時に焼く料理がある。

関連項目[編集]