エチルメチルエーテル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エチルメチルエーテル
エチルメチルエーテルの構造式
一般情報
IUPAC名 エチルメチルエーテル
メトキシエタン
別名 メチルエチルエーテル
分子式 C3H8O
分子量 60.10 g/mol
形状 無色液体または気体
CAS登録番号 540-67-0
SMILES CCOC
性質
密度 0.725 g/cm3, 液体 (0 ℃)[1]
沸点 10.8[1] °C

エチルメチルエーテル (ethyl methyl ether) は、ジメチルエーテルの次に単純な構造をしたエーテルである。プロパノールの構造異性体にあたる。沸点が 10.8 ℃ と低く、常温では容易に気化する。

生成法[編集]

ウィリアムソン合成によって、エトキシドアニオンと臭化メチルから合成することができる。

CH3CH2O + CH3Br → CH3CH2OCH3 + Br

このウィリアムソン合成は機構的にはSN2反応で進行する。

関連文献[編集]

  1. ^ a b Merck Index 13th ed., 3860.