エチルパラニトロフェニルチオノベンゼンホスホネイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エチルパラニトロフェニルチオノベンゼンホスホネイト
識別情報
CAS登録番号 2104-64-5
PubChem 16421
ChemSpider 15571
特性
化学式 C14H14NO4PS
モル質量 323.3 g mol−1
外観 薄黄色の結晶状の粉
密度 1.3 g/cm3
融点

36 °C, 309 K, 97 °F

への溶解度 不溶
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

エチルパラニトロフェニルチオノベンゼンホスホネイト (EPN)はホスホンチオ酸エステルの一種である。殺虫剤として用いられる。また、日本においては毒物及び劇物取締法第二条によって定義される毒物の一種である。

合成法[編集]

クロロベンゼンからの多段階反応により得られる。[1]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^  Thomas A. Unger: Pesticide synthesis handbook. 1996, ISBN 978-0-81551401-5 (Seite 284 - Google ブックス).