エダホシムシ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エダホシムシ属
分類
ドメイン : 真核生物 Eukaryota
: 動物界 Animalia
亜界 : 真正後生動物亜界 Eumetazoa
階級なし : 旧口動物Protostomia
上門 : 冠輪動物上門 Lophotrochozoa
: 星口動物Sipuncula
: スジホシムシ綱 Sipunculidea
: フクロホシムシ目 Golfingiiformes
: エダホシムシ科 Themistidae
: エダホシムシ属 Themiste
学名
Themiste Gray1828
亜属

エダホシムシ属(エダホシムシぞく、Themiste)は、星口動物スジホシムシ綱フクロホシムシ目で、エダホシムシ科唯一の属である。触手が主軸と、主軸から分岐する副枝からなるのが特徴[1]

スジホシムシ綱は触手が口を囲むことが特徴で、エダホシムシ科はそのなかでも体壁の筋肉のうち縦筋が分離しないことから、フクロホシムシ目に分類される。フクロホシムシ目にはエダホシムシ科のほかに2つの科(フクロホシムシ科マキガイホシムシ科)があるが、触手が枝分かれをするのはこの科だけである[1]

2つの亜属から構成され、収縮管(食道に沿って伸びる管)に生える柔毛の特徴で識別される[1]

なお、2012年に発表された分子系統学に基づく分類体系では、本属はフクロホシムシ科に分類され、エダホシムシ科は認められていない[2]

構成種[編集]

亜属の特徴は西川[1]による。学名と分類体系はWorld Register of Marine Species英語版[3]に従い、有効名とされるもののみを挙げた。

クビワエダホシムシ亜属[編集]

クビワエダホシムシ亜属Lagenopsis Edmonds, 1980は、収縮管の柔毛が短く、のような外見を呈することが特徴。

  • Themiste (Lagenopsis) cymodoceae (Edmonds, 1956)
  • Themiste (Lagenopsis) dehamata (Kesteven, 1903)
  • Themiste (Lagenopsis) lageniformis (Baird1868) - クビワエダホシムシ
  • Themiste (Lagenopsis) minor (Ikeda, 1904)
  • Themiste (Lagenopsis) spinulum (Chen, 1963)
  • Themiste (Lagenopsis) variospinosa Edmonds, 1980

エダホシムシ亜属[編集]

エダホシムシ亜属Themiste Gray1828の収縮管に生える柔毛は、クビワエダホシムシ属のそれよりも長く、のようになる。

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d 西川輝昭 「星口動物門 Sipuncula」『原色日本海岸動物検索図鑑』I、西村三郎(編著)、保育社1992年、299-301頁。ISBN 4586203011
  2. ^ Kawauchi, Gisele Y.; Sharma, Prashant P.; Giribet, Gonzalo (2012). “Sipunculan phylogeny based on six genes, with a new classification and the descriptions of two new families”. Zoologica Scripta英語版 41 (2): 186-210. doi:10.1111/j.1463-6409.2011.00507.x. 
  3. ^ Saiz-Salinas, J (2011年). “Themiste Gray, 1828”. World Sipuncula database. 2011年9月1日閲覧。下位分類群については同データベース内のそれぞれのページを参照。