エゾアカガエル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エゾアカガエル
エゾアカガエル
エゾアカガエル Rana pirica
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 両生綱 Amphibia
: カエル目 Anura
亜目 : カエル亜目 Neobatrachia
: アカガエル科 Ranidae
亜科 : アカガエル亜科 Raninae
: アカガエル属 Rana
亜属 : Rana
: エゾアカガエル R. pirica
学名
Rana pirica Matsui, 1991
和名
エゾアカガエル
英名
Ezo Brown Frog

エゾアカガエル蝦夷赤蛙学名Rana pirica)は、両生綱カエル目(無尾目)アカガエル科に分類されるカエルの一種。

分布[編集]

日本北海道利尻島奥尻島礼文島国後島択捉島色丹島)、ロシアサハリン)に分布する[1]

北海道に生息する在来のカエルは、ニホンアマガエルと本種のみ。

分類[編集]

かつてはヨーロッパアカガエルRana temporaria temporaria)と同一の亜種と考えられ、その後はチョウセンヤマアカガエルRana dybowskii)と同一の種もしくは亜種とされていた[2]。しかし、染色体数から独立種であることが判明し、1991年に正式に新たな学名が与えられた[2]

学名の種小名は、アイヌ語で「美しい」を意味するpirkaを「ピリカ」と日本語で音写したもの[1]。本来のアイヌ語では「リ」は音節末の流音であり、母音はつかない。

形態[編集]

体長はオスが46-55mm、メスが54-72mmで、メスの方がオスより明らかに大きい[2]。体色は黒褐色から赤茶色。眼の後ろから伸びる背側線は鼓膜の後ろでゆるく曲がる。四肢はやや短く、指の間には水かきが発達する[2]。オスは下顎に左右1対の鳴嚢がある[3]

サハリン個体群は北海道個体群とは形態的にかなり違いがあるとされる[1]

ひとつの卵の大きさは1.7-2.3mmほどで、幼生(オタマジャクシ)は全長45mmまで成長し、尾は中程度の長さで太くはない[2]。捕食者であるエゾサンショウウオの幼生が多数生息する環境では、尾ひれの丈が高く、胴部がゼラチン状の物質で膨満した防御形態に変化する[1]

生態[編集]

生息環境は平地や湿地、森林や高山帯と様々である。肉食性で、昆虫類クモ土壌動物を食べる。

繁殖期は基本的には4-5月だが、高地では7月と遅い[2]。「キャラララ、キャラララ」と鳴き、繁殖期以外で鳴くことはほとんどない[1]。夜間の方が活発に鳴くが、昼間でも鳴く[1]。池や湿地などの浅い水域や水たまりに産卵する。卵塊は扁平な球状で、卵数は700-1100個[2]。ときにはとても大きな卵塊群を形成することもある[2]

11月から4月の冬期は、水底で冬眠する[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 『北海道爬虫類・両生類ハンディ図鑑』pp72-77
  2. ^ a b c d e f g h 『改訂版 日本カエル図鑑』pp74-75
  3. ^ 『決定版 日本の両生爬虫類』pp100-101

参考文献[編集]

  • 前田憲男・松井正文 『改訂版 日本カエル図鑑』 文一総合出版1999年ISBN 978-4829921302
  • 内山りゅう・前田憲男・沼田研児・関慎太郎 『決定版 日本の両生爬虫類』 平凡社、2002年9月20日ISBN 4-582-54232-8
  • 徳田龍弘 『北海道爬虫類・両生類ハンディ図鑑』 北海道新聞社、2011年3月31日ISBN 978-4-89453-592-3

関連項目[編集]