エセックス・ジョンソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エセックス・ジョンソン

Essex Johnson  No. 19

ランニングバック
生年月日:1946年10月15日(68歳)
出身地:アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ルイジアナ州シュリーブポート
身長:5' 9" =約175.3cm 体重:201 lb =約91.2kg
NFLデビュー
1968年シンシナティ・ベンガルズ
経歴
大学グランブリング州立大学
NFLドラフト1968年 / 6巡目(全体の156番目)
 所属チーム:
通算成績
(1975年までの成績)
ラン獲得ヤード     3,236ヤード
平均獲得ヤード     4.5ヤード
ランTD     19回
パスレシーブ     146回
レシーブ獲得ヤード     1,742ヤード
TDレシーブ     12回
NFL.comよりの成績
受賞歴・記録

エセックス・ジョンソン(Essex Johnson 1946年10月15日- )はルイジアナ州シュリーブポート出身のアメリカンフットボール選手。ポジションはランニングバック

経歴[編集]

グランブリング州立大学から1968年当時、AFLに加入したシンシナティ・ベンガルズにドラフトで指名されて入団した。ドラフトされた当初はディフェンシブバックであったがランニングバックにコンバートされた。

1972年、チームトップの825ヤードを走った[1]

1973年、いったんはシーズン1,000ヤードを越えたものの、シーズン最後のプレーで5ヤードをロスし、997ヤードの獲得でシーズンを終えた[1]

1974年、故障のため19回のランでわずか44ヤードにとどまった[2]

1975年7月、右ひざの故障のため過去18ヶ月に2度手術を行った彼はベンガルズから解雇された。この際、ポール・ブラウンヘッドコーチは医師よりジョンソンがフットボールを続けた場合のリスクを指摘されたという[2]。しかしその後ベンガルズと再契約を結びプレーを続けた。

1976年にNFLに加入したタンパベイ・バッカニアーズエクスパンション・ドラフトで指名されて加入、47回のキャリーでチーム3位の166ヤードを走った。翌1977年2月、バッカニアーズから解雇されている[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b bengals history”. bengalsjungle.com. 2012年7月24日閲覧。
  2. ^ a b Bengals waive Essex Johnson”. Star-News (1975年7月15日). 2012年7月24日閲覧。
  3. ^ AP通信 "Johnson, Moore Waived By Bucs". The Lakeland Ledger. 1977年2月27日

外部リンク[編集]