エスファハーンのジャーメ・モスク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世界遺産 エスファハーンの
マスジェデ・ジャーメ
イラン
北のイーワーンから南のイーワーンを臨む
北のイーワーンから南のイーワーンを臨む
英名 Masjed-e Jāmé of Isfahan
仏名 Masjed-e Jāme’ d’Ispahan
面積 2.08 ha
(緩衝地域 19 ha)
登録区分 文化遺産
登録基準 (2)
登録年 2012年
公式サイト ユネスコ本部(英語)
使用方法表示
セルジューク朝時代に建てられた南のイーワーン1121年から1220年ごろまでに南、東、西、北の順にそれぞれのイーワーンが建築されたと考えられており、それぞれ異なったスタイルを持つ。

エスファハーンのジャーメ・モスクペルシア語: مسجد جامع اصفهان‎; Masjid-e-Jāme`-e Eṣfahān)は、イランエスファハーンにある会衆のモスク[1]金曜モスクペルシア語: مسجد جمعه‎; Masjid-e-Jom`eh)ともいう[2]771年に建築されたエスファハーンでもっとも古いモスクであり、絶え間無く建築活動が行われた結果、建物のどの部分がどの時代に建てられたのかすら特定が困難な複雑な歴史を持つ[3]。イランにおけるモスク建築史を体現している建築物とも言え、イスラム建築研究者の石井昭は「建築様式の博物館である」と評している[4]イタリア中東研究所(IsMEO)が1970年代に発表した研究報告書を元に独自調査を行ったイスラーム美術史・文化史研究者のオレグ・グレーバー Oleg Graber は、エスファハーンのジャーメ・モスクは少なくともブワイフ朝時代、セルジューク朝時代、イルハン朝時代、ティムール朝時代、サファヴィー朝時代、アフシャール朝時代以降の6つの時期に区分し、分類できるとしている[5][6][7]ユネスコ世界遺産に登録されている[8]

立地[編集]

市の中心ギャーム広場の近くにある。約2キロメートル南方には同じく世界遺産イマーム広場(旧名「王の広場」)や17世紀前半建造のイマーム・モスクがある。

歴史[編集]

エスファハーンのジャーメ・モスクは、771年にエスファハーンの別のモスクからミンバルをこの地に移送してきたことから始まる。最初期のモスクの形態については不明な部分も多く、考古学的な発掘調査によって煉瓦と木材を使用した古典的なモスクであったことが判明している程度である[9]

このモスクは約2世紀の間、小規模な修復を行いつつも大きな変容は無いままに使用がなされていたが、10世紀後半のブワイフ朝の時代になると、中庭に面した部分が最新の装飾技法を用いた焼き煉瓦で作り直され、建物の大幅な拡張が行われた。これによって教室、図書室、宿泊施設として使用される部分が出てきたほか、出入り口には2本の新しいミナレットが建てられた。この大きな変容は、シーア派であったブワイフ朝によって980年頃に建てられたジョルジール・モスクに感化され、スンナ派側がこれに対抗してモスクを大幅に拡張したものであるとモスクの編年を行ったグレーバーは分析しているが、決定的な確証は得られていない[10]

スンナ派セルジューク朝の時代になると今日に残るジャーメ・モスクの基礎的な部分がほぼ完成する。この時期の特徴としては、南北のドームの建築と、中庭の4つのイーワーンの建築という2点が挙げられる[11]

南のイーワーン
セルジューク朝時代に建てられた礼拝室

南のドームは1086年から1087年にかけてセルジューク朝第3代スルタンマリク・シャーとその宰相ニザーム・アル=ムルクによって建てられたもので、高さ20メートル、直径10メートルという大きさは当時のイスラム世界では最大の規模を誇るドームであった。同時にイランにおける初の本格的なドームを備えたモスクとなり、建築史上においても大きな意味を持った[12]。北のドームは1088年にニザーム・アル=ムルクの政敵であったタージュ・アル=ムルクによって建てられた。これらのドームはモスクからやや離れた場所に建設されたが、アンリ・スチールランはこの理由について、当初はモスクの中には建てられないスルタンの墓廟として建築がなされたと主張しているが、ドーム内にはそこが墓であったことを示す碑文などは見つかっていない[13]。南のドームは12世紀前半頃に、北のドームは14世紀までにモスク本体に組み込まれ、現在の姿となっている[12]。 中庭に面した4つのイーワーンが建てられたのは1121年から1220年ごろにかけてであるが、建築過程やその理由についてはあまり明らかになっておらず、それぞれのスタイルや建築様式の差異から同時にではなく順番に建てられたものであると考えられている。また、建築されたものはそれまでのイスラム世界で見られた古典的なイーワーンスタイルではなく、建物との区別をつけるための四角い枠取りが行われた新しいスタイルのイーワーンであった[14]

マリク・シャー時代には、ギャーム広場に面してスルタンの宮殿時刻を知らせる楽隊のための建物が建ち、広場の周囲はバザールとなっていた。また、宰相の名を冠したスンナ派イスラームの教義を教育研究するための施設(マドラサ)として建てられたニザーミーヤ学院が広場から少し離れた東方に所在していたという[15]

その後も13世紀から14世紀にかけてはモンゴル帝国16世紀から17世紀にかけてはサファヴィー朝時代と手が加えられ、上述したように、さながら「イラン・イスラーム建築の博物館」の様相を呈している。

構造[編集]

このモスクには伝統的な形態を持った入り口が8つあり、南東の入り口は常時開設、その他の入り口は礼拝時間に開設される。他にも現在は使用されていないものや作業用の入り口、かつて利用された痕跡のある入り口などがある。内部には壁体やヴォールドで閉ざされた独立部分と、床面の高低で区分される半独立部分がある。独立部分としてはマドラサ、礼拝室(オルジェイトゥの礼拝所など)、シャベスターン[16]サファヴィー朝時代のドームなどがあり、半独立部分としては南北ドーム、4つのイーワーンなどがある[17]。聖龕(ミヒラーブ)はサファヴィー朝時代、ムザッファル朝時代、イルハン朝時代のものなどが各所に計13箇所設けられている[7]

世界遺産[編集]

エスファハーンのジャーメ・モスクは、2012年の第36回世界遺産委員会において、世界遺産文化遺産)に登録された。

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (2) ある期間を通じてまたはある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「ジャーメ」とはグランド・モスク(grand、congregational Mosque)Jameh Mosque、語源はジャマア(جَمَعَ jama`a )集まることを意味する。
  2. ^ 「ジョムエ( جمعه Jom`eh/Jum`ah)」あるいは「ジュムア」はイスラーム教の集団礼拝日にあたる金曜日のことである。
  3. ^ 羽田1994、p.137。
  4. ^ 石井昭 - 『イスラーム建築の様式と技法』(1977年、ディティール誌)
  5. ^ The Formation of Islamic Art
  6. ^ 羽田1994、pp.137-138。
  7. ^ a b 日本建築学会1995、p.522。
  8. ^ UNESCO (2012-July). “Masjed-e Jāmé of Isfahan”. 2012年7月1日閲覧。
  9. ^ 羽田1994、p.138。
  10. ^ 羽田1994、p.139-140。
  11. ^ 羽田1994、p.142。
  12. ^ a b 羽田1994、p.143。
  13. ^ 羽田1994、p.144。
  14. ^ 羽田1994、p.146。
  15. ^ 羽田2006、p.13。
  16. ^ Shabestān 夏期などに夜の礼拝を行う場所。周囲を建材で厚く覆い、夏期の熱気を遮断して礼拝時の便を図った。
  17. ^ 日本建築学会1995、p.521。

参考文献[編集]

  • 羽田正 『モスクが語るイスラム史』 中公新書、1994年ISBN 4121011775
  • アンリ・スチールラン著、神谷武夫訳 『イスラムの建築文化』 原書房、1987年ISBN 4562018968
  • 小那覇淳子石井昭深見奈緒子前田直哉浜井力 (1995). 1995年度大会学術講演梗概集 - F2 建築歴史・意匠 - イスファハーンの現存モスクに関する調査研究 - マスジデ・ジャーミの実態. 社団法人日本建築学会. 
  • 羽田正「2つの黄金時代を築き上げた王朝の都イスファハーン」朝日新聞社<週刊朝日百科>『シルクロード紀行 No.19 イスファハーン』、2006年2月。

関連項目[編集]