エスパリオン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Espalion
Blason ville fr Espalion (12).svg
Espalion vu depuis la place.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ミディ=ピレネー地域圏
(département) アヴェロン県
(arrondissement) ロデーズ郡
小郡 (canton) 小郡庁所在地
INSEEコード 12096
郵便番号 12500
市長任期 ジルベール・セロン
2008年-2014年
人口動態
人口 4 549人
2007年
人口密度 124人/km²
住民の呼称 Espalionnais, Espalionnaises
地理
座標 北緯44度31分13秒 東経2度45分45秒 / 北緯44.520331度 東経2.762525度 / 44.520331; 2.762525座標: 北緯44度31分13秒 東経2度45分45秒 / 北緯44.520331度 東経2.762525度 / 44.520331; 2.762525
標高 平均:m
最低:338 m
最高:420 m
面積 11,18km² (1118ha)
Espalionの位置
Espalion
公式サイト www.espalion.fr
テンプレートを表示

エスパリオンEspalion)は、フランスミディ=ピレネー地域圏アヴェロン県コミューン

地理[編集]

古い皮なめし工場

カルモン・ドルト城(fr)が見下ろす町は、ボラルド・ド・フロジャック川と合流した後のロット川オック語でオルト川)が横断する地点にある。肥沃な土地にあるエスパリオンは、『フランス南部最初の笑顔』(Espalion, premier sourire du midi) と賞される。これは特にフランス北部から禁欲的なサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路の行程を辿ってきた巡礼者たちによく理解されている。

ロット河岸には、木造のバルコニーが張り出した、古風な住宅のファサードが並ぶ。これらはかつて皮なめし工場だったもので、ロット川に沈んだガンドゥリエと呼ばれる石の階段がついている。これらの石によって、季節ごとに変わる川の水位で皮をなめすことができた。川は頻繁に氾濫した。川に架かる、4つの赤い砂岩のアーチが付いた橋ポン・ヴューは中世に作られた。橋は現在UNECO世界遺産となっている。

歴史[編集]

エスパリオンはロット川の橋の村で、山間部との商業が行われてきた。10世紀からフランス革命まで、玄武岩でできたカルモン・ドルト城が村を見下ろしていた。コミューン南部にわずかに残る城の遺構は、おそらくカール大帝の子孫がこの城を建てたと思われる。

ギャラリー[編集]